« 正月映画も | トップページ | 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 第8位 »

「ダーリンは外国人」 第3位

Darling上映スクリーン数: 250
オープニング土日動員: 9万71人
オープニング土日興収: 1億2272万2750円
■男女比 24:76
■年齢層 16~19歳18・4%/20代44・9%/30代13・2%/40代11%
■鑑賞動機
『内容に興味があったから』 26・5%
『原作コミックが面白かったので』 25%
『井上真央の主演作だから』 16・5%
『国際結婚に興味があるから』 7・7%
井上真央主演「僕の初恋をキミに捧ぐ」(最終興収21.5億円)対比44%。相手役の人気の差が大きい?年齢層もぐっと上がっております。

« 正月映画も | トップページ | 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 第8位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/48080997

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダーリンは外国人」 第3位:

» ダーリンは外国人 /My darling is a foreigner [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 小栗左多里の大人気コミックエッセイ「ダーリンは外国人」の映画化★ この本を手に取ったのは当時外国人とつきあってたから。本屋さんでちらっと読んだだけだったけど 外国人がカレだったら?っていう切り口は、映画でも本でも意外とあまりなかったのですごく新鮮で興味深かった☆ それが映画化したと知ってこれは観なきゃと観てきました〜。... [続きを読む]

» ダーリンは外国人 [勝手に映画評]
小栗左多里の人気コミックエッセー「ダーリンは外国人」の映画化。 さおりがトニーと付き合い始めた頃から、結婚するまでの時期が、舞台に設定されています。映画化されているこれらのエピソードが実際にこの時期のモノかは不明ですが、エピソードそのものは、原作本で見たものが多いので、実際に起きたことだと思います。 面白いエピソードばかりなので、基本的なトーンは『笑』なのですが、物語終盤のさおりとトニーの中に暗雲が立ち込める所辺りで、迂闊にも、「良い話だぁ」と思って泣きそうになってしまいましたよ(苦笑)。 っ... [続きを読む]

» ダーリンは外国人は度肝抜れる映画デシタ [三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~]
週末にヒューマントラストシネマ渋谷 にて ダーリンは外国人 を観て来ました! この映画、ぶっちゃけ、笑える映画なのかなぁ・・・と思っていたら 観終わった後のワタシの目からは涙があふれていました・・・。 そうなんです、とっても感動する映画だったんです... [続きを読む]

» 映画「ダーリンは外国人」 [Thanksgiving Day]
映画「ダーリンは外国人」を観てきましたー!! この映画は、公開を知ったときから面白そうだなぁと思って、絶対観に行こうと心に決めてたんですよ。 原作もよく本屋さんで見かけてますしね。 小栗左多里の人気コミックエッセー「ダーリンは外国人」を映画化した、語....... [続きを読む]

» 映画「ダーリンは外国人」スター井上真央の映画、でもかなり良い出来 [soramove]
「ダーリンは外国人」★★★ 井上真央、ジョナサン・シェア主演 宇恵和昭監督、100分 、 2010年4月10日公開、2010,日本,東宝 (原題:ダーリンは外国人)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「イラストレーター・さおり(井上真央)と、 “漢字”の美しさに一目惚れして来日したアメリカ人 トニー(ジョナサン・シェア)は付き合うようになった。 文化の違いを軽く笑い飛ばす映画」... [続きを読む]

» ダーリンは外国人・・・・・評価額1450円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
漫画家志望の日本人女性と、語学オタクのアメリカ人男性の恋を描いたラブコメディ。 「ダーリンは外国人」というタイトル通り、作者の小栗左... [続きを読む]

» ダーリンは外国人 [映画的・絵画的・音楽的]
 チョット軽めのラブコメでもと思って、『ダーリンは外国人』を渋谷のヒューマントラストシネマで見てきました。 (1)見て少々驚いたのは、この手の映画にしては、随分といい俳優が脇役を務めているなという点です。  なにしろ、主人公さおり(井上真央)の母親が大竹しのぶですし、父親も國村隼なのですから。  大竹しのぶは、『たみおのしあわせ』とか『石内尋常高等小学校』で見ましたし、國村隼も『板尾創路の脱獄王』とか『花のあと』で見たばかりです。    そうした演技力抜群の俳優たちが脇を固めているのですから、あと... [続きを読む]

« 正月映画も | トップページ | 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 第8位 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ