« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2ヶ月ぶりの

久しぶりに洋画がトップ?第10位までの予想です。

  1. THIS IS IT
  2. 沈まぬ太陽
  3. 映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?
  4. 僕の初恋をキミに捧ぐ
  5. カイジ 人生逆転ゲーム
  6. 風が強く吹いている
  7. 仏陀再誕
  8. 私の中のあなた
  9. ワイルド・スピード MAX
  10. サイドウェイズ

「THIS IS IT」 ラストステージの開幕

Tii上映スクリーン数: 324
オープニング水動員: 9万1299人
オープニング水興収: 1億444万5100円
『北米でも27日21時(現地時間)から一般公開が開始となり、3500館で220万ドルの売り上げ。』『27日までに前売り券販売は、ローソンチケット13万2146枚/全国劇場窓口9万4632枚/他都内主要プレイガイド5167枚、累計合計25万3003枚となった。』
2週間では、終われない?

「沈まぬ太陽」 第2位

Shizumanu上映スクリーン数: 403(東宝配給作品としては最大規模)
オープニング土日動員: 20万9642人
オープニング土日興収: 2億5053万6550円
■男女比 68:32
■年齢層 30代26%/40代28・5%/50代25・2%/60代10・6%
■鑑賞動機
『山崎豊子の原作が好きだから』 27・6%
『渡辺謙の主演作だから』 15・4%
『本格的な人間ドラマを堪能したかったから』 15・4%
『最終的には300万人突破も期待される。』そうです。
それにしても同日公開の「僕キミ」と客層が見事にかぶっていない...

「僕の初恋をキミに捧ぐ」 第1位

Bokukimi上映スクリーン数: 302
オープニング土日動員: 21万9779人
オープニング土日興収: 2億8125万4350円
■男女比 12:88
■年齢層 13~15歳22・6%/16~19歳37・6%/20代25・3%
■鑑賞動機
『原作コミックが好きだから』 21・1%
『純愛モノが好きだから』 14・5%
『岡田将生の出演作だから』 13・4%
『井上真央の出演作だから』 12・9%
『今後は口コミに力を持つ女子中高大生からの発信による動員の伸びが期待され、興収30億円も狙えるスタートとなった。』集客力があったのは岡田将生の方!?

「僕キミ」>「きみぼく」

10月第4週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. 僕の初恋をキミに捧ぐ
  2. 沈まぬ太陽
  3. カイジ 人生逆転ゲーム
  4. 仏陀再誕
  5. ワイルド・スピード MAX
  6. 私の中のあなた
  7. あなたは私の婿になる
  8. さまよう刃
  9. きみがぼくを見つけた日
  10. ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

『僕』『キミ』『私』『あなた』『あなた』『私』『きみ』『ぼく』。女性ターゲット作品、年齢に合わせて微妙に違った表現?

井上真央vs渡辺謙

3時間22分の大作か?2時間2分の純愛ものか??第10位までの予想です。

  1. 僕の初恋をキミに捧ぐ
  2. 沈まぬ太陽
  3. カイジ 人生逆転ゲーム
  4. 仏陀再誕
  5. 私の中のあなた
  6. ワイルド・スピード MAX
  7. きみがぼくを見つけた日
  8. あなたは私の婿になる
  9. ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
  10. さまよう刃

「仏陀再誕」 第2位

Budda上映スクリーン数: 189
オープニング土日動員: 13万185人
オープニング土日興収: 1億6301万7200円
大川隆法原作「永遠の法 The Laws of Eternity」(最終興収12.5億円)対比185%
■男女比 4:6
■年齢層 50代以上32・2%
前作を大きく上回るスタート。その理由は、テレビCM?それとも...

3Dより仏陀

10月第3週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. カイジ 人生逆転ゲーム
  2. 仏陀再誕
  3. ワイルド・スピード MAX
  4. 私の中のあなた
  5. あなたは私の婿になる
  6. さまよう刃
  7. ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
  8. ファイナル・デッドサーキット 3D
  9. 20世紀少年ー最終章ー ぼくらの旗
  10. カムイ外伝

結局仏陀が第2位。3Dは動員では第8位と圏外でした...

3Dに仏陀

予想難易度の高い週末...

  1. カイジ 人生逆転ゲーム
  2. ファイナル・デッドサーキット 3D
  3. 仏陀再誕
  4. ワイルド・スピード MAX
  5. 私の中のあなた
  6. あなたは私の婿になる
  7. さまよう刃
  8. ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
  9. 20世紀少年ー最終章ー ぼくらの旗
  10. 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH

「パリ・オペラ座のすべて」@渋谷/名古屋

Po上映スクリーン数: 2
オープニング土日祝動員: 2391人
オープニング土日祝興収: 342万5800円
うちBunkamuraル・シネマは1795人/261万9600円。
『開館前の9時半に100人を超す列ができ、10日は17時、11日は16時に全ての席が完売。12日も13時までに3回目の回が完売した。客層は8割が女性。各日に96席設けられているオンラインシートも公開前日まで3連休は全て完売。』
Bunkamura、やはりこの手は強い。

「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」 第5位

Villon上映スクリーン数: 159
オープニング土日祝動員: 7万170人
オープニング土日祝興収: 8469万9700円
■男女比 40:60
■年齢層 20代24・7%/30代28%/40代11・8%/50代22・6%
■鑑賞動機
『内容に興味があったから』 25・3%
『松たか子の主演作だから』 15・1%
東宝XフジテレビX松たか子X浅野忠信X広末涼子X妻夫木聡X堤真一にしては地味な結果と言わざるを得ない?

「カイジ 人生逆転ゲーム」 第1位

Kaiji上映スクリーン数: 306
オープニング土日祝動員: 40万5757人
オープニング土日祝興収: 5億3324万160円
藤原竜也主演「デスノート the Last name」(最終興収55億円)祝土日対比44%。
■男女比 54:46
■年齢層 16~19歳25・5%/20代36%/30代16・1%/40代10・2%
■鑑賞動機
『原作コミックが好きだから』 24・1%
『内容に興味があったから』  18・1%
『藤原竜也の出演作品だから』 17・6%
『奇想天外なゲームが面白そうだから』 9・6%
原作コミックの人気の差なのかなあ...

東宝、東和、ギャガ、東映、東宝

10月第2週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. カイジ 人生逆転ゲーム
  2. ワイルド・スピード MAX
  3. 私の中のあなた
  4. さまよう刃
  5. ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
  6. 20世紀少年ー最終章ー ぼくらの旗
  7. カムイ外伝
  8. BALLAD 名もなき恋のうた
  9. 引き出しの中のラブレター
  10. ATOM

予定通り(?)新作が上半分を占めました。と言っても第4位以下土日興収1億円に未達...まだまだ状況は厳しい?

マイケル・ジャクソンの秋

Tii10月28日公開、マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」。9月28日から発売された前売り券が、初日劇場296館3万176枚/ローソンチケット5万6746枚(初日発売枚数歴代1位)、合計1億円を突破!
また10月4日までの1週間累計が、劇場4万5886枚/ローソンチケット8万195枚と引き続き順調に推移。
秋枯れのボックスオフィスの救世主となるか?それでも2週間限定公開??

大量入替

連休前で新作が大量にスタート。先週に引き続き残れるのは?
2週間ぶり、第10位までの予想です。

  1. カイジ 人生逆転ゲーム
  2. ワイルド・スピード MAX
  3. 私の中のあなた
  4. さまよう刃
  5. ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
  6. 引き出しの中のラブレター
  7. ATOM
  8. BALLAD 名もなき恋のうた
  9. カムイ外伝
  10. 20世紀少年ー最終章ー ぼくらの旗

「テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~」 第7位

Tov上映スクリーン数: 34
オープニング土日動員: 3万956人
オープニング土日興収: 4358万9300円
「劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇」(最終興収1.8億円)対比157%。
人気ロールプレイングゲームソフト原作のアニメ。ゲームファンとアニメファンの両方を動員!?単価が高い分、第4位の「劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝/劇場版ペンギンの問題 幸せの青い鳥でごペンなさい」より興収順だと上なのですが...

暴落

10月第1週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. 20世紀少年ー最終章ー ぼくらの旗
  2. カムイ外伝
  3. BALLAD 名もなき恋のうた
  4. 劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝/劇場版ペンギンの問題 幸せの青い鳥でごペンなさい
  5. 火天の城
  6. ココ・アヴァン・シャネル
  7. テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~
  8. ウルヴァリン:X-MEN ZERO
  9. TAJOMARU
  10. 男と女の不都合な真実

今週も新作の拡大公開作品の無い中、「20世紀少年ー最終章ー ぼくらの旗」がトップ。しかしながら第1位が土日興収1億円未満と言うこ近年例の無い低レベル...
今週スタートだったら「火天の城」「ココ・アヴァン・シャネル」「しんぼる」でも第1位だった???

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」始動

Yamato「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画化「SPACE BATTLESHIP ヤマト」、ヒロインも監督もようやく(?)落ち着き、2010年12月公開に向け動き出したようです。(TBS+東宝+木村拓哉は「MR.BRAIN」の映画化の噂もあったような...)
まずは2009年12月アニメ版の復活からですが...

「任侠ヘルパー」も?

Ninkyo草なぎ剛主演ドラマ「任侠ヘルパー」、『年末に特番、来夏以降の予定で映画化も決定』と週刊新潮が伝えています。
平均視聴率は15・0%と7月期ドラマでは「救命病棟24時」に次ぐ好成績。主演映画「BALLAD 名もなき恋のうた」の方も9月27日までの累計動員/興収は108万6965人/13億6420万円と順調。災い転じて、好調な流れ?
別の映画化の噂もありましたが...最終的にこちらに決定したという事???

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ