« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

「ROOKIES -卒業-」な週末

今週末ダントツのオープニングが予想される「ROOKIES -卒業-」。TBS連ドラの映画化と言えば最近では「映画 クロサギ」(最終興収17.2億円)、「花より男子ファイナル 」(同77.5億円)があります。「ROOKIES」平均視聴率14・8%で「クロサギ」15・7%以下ですが、興行の盛り上がりは「花男」に近い感じが...
第10位までの予想です。

  1. ROOKIES -卒業-
  2. 天使と悪魔
  3. 余命1ヶ月の花嫁
  4. スター・トレック
  5. お買いもの中毒な私!
  6. 60歳のラブレター
  7. BABY BABY BABY!
  8. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  9. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  10. ラスト・ブラッド

「Night at the Museum: Battle of the Smithsonian」 第1位@全米

Natm2上映スクリーン数: 4096
オープニング金土日月興収: 7010万ドル
前作(最終BO2億5090万ドル)対比166%。
全米ではメモリアル・デイ週末公開。日本ではお盆真っ只中の8月14日公開。前作の最終興収35.6億円を超えることはできるのでしょうか?

「重力ピエロ」 第8位

Jp 上映スクリーン数: 173
オープニング土日興収: 5969万円
伊坂幸太郎原作「Sweet Rain 死神の精度」(最終興収5億円)対比74%。
今回宮城県内先行上映3976万円の貯蓄があるので、着地点は4億円前後?

「60歳のラブレター」 第3位!

5月第4週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. 天使と悪魔
  2. 余命1ヶ月の花嫁
  3. 60歳のラブレター
  4. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  5. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  6. BABY BABY BABY!
  7. 消されたヘッドライン
  8. 重力ピエロ
  9. GOEMON
  10. 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦

「天使と悪魔」がV2!土日興収は3.72憶円(前週末対比68%)、10日間累計興収14億9859万円。「ダ・ヴィンチ・コード」(最終興収90.5億円)9日間累計対比41.7%。
第3位以下混戦の中「60歳のラブレター」が2ランクアップの第3位!と言っても動員順だからで、興収順だと第6位なのですが...

とまどいの週末

インフルエンザの影響で、劇場への客足が鈍っているのでしょうか?
週末ボックスオフィス、第10位までの予想です。

  1. 天使と悪魔
  2. 余命1ヶ月の花嫁
  3. BABY BABY BABY!
  4. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  5. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  6. 消されたヘッドライン
  7. 60歳のラブレター
  8. 重力ピエロ
  9. GOEMON
  10. 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦

「おと・な・り」@恵比寿/梅田/神戸/名古屋

Otonari上映スクリーン数: 5
オープニング土日興収: 574万円
「花よりもなほ」(最終興収3億円)187スクリーン、「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(同18億円)243スクリーン、「陰日向に咲く」(同19.5億円)310スクリーンと公開スクリーン数は増加傾向にあった岡田准一主演作品。5月30日から37スクリーン追加になりますが、それでも今回は少ない。細く長くの戦略?勿体ないような...
それと「SP」の映画化は何処に??

「天使と悪魔」 第1位

Ad上映スクリーン数: 722
オープニング土日興収: 5.47憶円
「ダ・ヴィンチ・コード」(最終興収90.5億円)対比43%。
土曜プレミアム「ダ・ヴィンチ・コード」22・2%。
今年度公開のハリウッド作品では最高のオープニング。
でも、そんなに爆発している感じがしない...

「レッドクリフ」「コナン」ラストスパート?

5月第3週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. 天使と悪魔
  2. 余命1ヶ月の花嫁
  3. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  4. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  5. 60歳のラブレター
  6. GOEMON
  7. 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
  8. クローズ ZERO II
  9. グラン・トリノ
  10. クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国

「名探偵コナン 漆黒の追跡者」 30憶円突破!
「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦」 50億円突破!
「クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国」 まだ10憶円突破せず...

「バンコック・デンジャラス」 第13位

Bd上映スクリーン数: 65
オープニング土日興収: 1750万円
ニコラス・ケイジ主演「NEXT -ネクスト-」@148スクリーン(最終興収4.5億円)対比28%。
この作品全米初登場No.1!!と言ってもオープニング興収778万ドル。それでも日本でもぎりぎり10位には入っときたかった?7月公開「ノウイング」は2460万ドルでの全米第1位だからまあ心配無い??

おめでとう、松本監督!

Ihara 第2回監督作品「しんぼる」の公開を秋に控えています松本人志監督が結婚を発表!
『この度、私、松本人志は結婚を致しましたのでご報告させて頂きます。お相手は一般の方になり現在妊娠中です。デリケートな時期なので、できるだけそっとしといて欲しいです。記者会見はした方がいいかと思うのですが、照れくさいのでやめておきます
祝福コメント 『おめでとうございます。あなたも人の親ですか。もう五反田には、行けませんね。』 浜田雅功

「ウォーロード/男たちの誓い」 第12位

War上映スクリーン数: 55
オープニング土日興収: 1830万円
「レッドクリフ PartⅠ」@545スクリーン(最終興収50.5億円)対比3%。
金城武+ジェット・リー/アンディー・ラウと本作の方がキャストは豪華だと思うのですが...150スクリーンくらいで、もう少し宣伝費をかけて...ってそうそう「レッドクリフ」のように上手くはいかないのかもしれませんね??

全世界的に「天使と悪魔」?

今週末は日米ともトップは「天使と悪魔」でしょうね...
第10位までの予想です。

  1. 天使と悪魔
  2. 余命1ヶ月の花嫁
  3. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  4. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  5. 60歳のラブレター
  6. GOEMON
  7. 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
  8. クローズ ZERO II
  9. スラムドッグ$ミリオネア
  10. セブンティーン・アゲイン

「Star Trek」 第1位@全米

St上映スクリーン数: 3849
オープニング金土日興収: 7520万ドル
シリーズ前作「ネメシス/S.T.X」(最終BO4325万ドル)対比406%。
往年の人気シリーズの続編ではなく、「LOST」J・J・エイブラムスがオリジナルTVシリーズを再構築した作品。138サイトのIMAXシアターでのオープニング興収が850万ドルと過去最高を記録。日米格差の大きいシリーズの一つですが、5月29日からの日本公開、どうなりますか?

「余命1ヶ月の花嫁」 第1位

Yo1上映スクリーン数: 310
オープニング土日興収: 4.1億円
「Life 天国で君に逢えたら」(最終興収17億円)対比212%。
■男女比 18:82
■年齢層 13~15歳9・6%/16~19歳22・1%/20代45%/30代9・6%/40代9・6%
■鑑賞動機
『ドキュメンタリーを見てよかったから』 28・7%
『内容に興味があったから』 14・5%
『泣けそうだから』 10%
『書籍を読んで良かったから』 9・1%
■来場形態
カップル 36・4%/ともだち 32・1%/家族 17・5%
『グループ鑑賞の割合が多く、最終的には興収30億円超えを狙う。』
松雪泰子/椎名桔平より榮倉奈々/瑛太の方の「余命」に多くの若い女性が共感できた?

「クレヨンしんちゃん」 そろそろ...

5月第2週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. 余命1ヶ月の花嫁
  2. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  3. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  4. GOEMON
  5. 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
  6. クローズ ZERO II
  7. グラン・トリノ
  8. クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国
  9. スラムドッグ$ミリオネア
  10. バーン・アフター・リーディング

「余命1ヶ月の花嫁」が初登場第1位!(詳しくは、後日。)
「コナン」「仮面ライダー」「しんちゃん」とファミリー作品が大幅ダウン。中でも邦画系のファーストランを終えてもほとんどスクリーン数の減らない「しんちゃん」は、23日間累計興収10億円に届かず。2000年の「嵐を呼ぶジャングル」(最終興収11億円)を下回る今世紀最低の数字になりそうです。

「GOEMON」 第3位

Goemon上映スクリーン数: 313
オープニング土日興収: 1.98憶円(1日~6日の累計興収7.07億円)
紀里谷和明監督「CASSHERN」(最終興収15.2億円)対比120%。
うち一番動員の良かったのは6日の11万2413人。尻上がりに数字を伸ばしている?宣伝が浸透するのに時間がかかった?GW後半お天気が悪かったおかげ??

「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」 第4位

Dd上映スクリーン数: 170
オープニング土日興収: 1.7億円(1日~6日の累計興収4.66億円)
「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」(最終興収7.2億円)対比96%。
通常枠以外で3度目の映画化ですが、安定して7憶円程度の数字は稼げそう?「プリキュア」と共に、数字が見込める限りはまだまだ続ける??

GW終盤?

この週末は16連休の終わり?5連休の後の普通の週末??
第7位までの予想です。

  1. 余命1ヶ月の花嫁
  2. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  3. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  4. GOEMON
  5. 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
  6. クローズ ZERO II
  7. グラン・トリノ

「X-Men Origins: Wolverine」 第1位@全米

X3上映スクリーン数: 4099
オープニング金土日興収: 8500万ドル
「X-MEN:ファイナル ディシジョン」(最終BO2憶3400万ドル)対比83%
「天使と悪魔」「トランスフォーマー/リベンジ」「ハリー・ポッターと謎のプリンス」と日米同時公開が多い中、本作の日本公開は秋。つまり、日本ではあまり期待されていないと言うこと??昨年の「アイアンマン」(最終BO3憶1800万ドル/同興収9.4億円)みたいなことにならないと良いのですが。

「名探偵コナン」 V3!

5月第1週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  2. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  3. GOEMON
  4. 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
  5. クローズ ZERO II
  6. クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国
  7. グラン・トリノ
  8. スラムドッグ$ミリオネア
  9. バーン・アフター・リーディング
  10. おっぱいバレー

新作は邦画がIN、洋画はOUT!と言っても「コナン」「赤壁」は崩れませんでした。

「レイン・フォール/雨の牙」 第10位

Rf上映スクリーン数: 280
オープニング土日興収: 3312万円
ハリウッドメジャーの邦画戦略、興行的には難しいですね。年1~2本くらいの中途半端な取り組みなら、手を出さない方が無難かも。

スパイダーマン、杉下右京、???

5月1日公開作品
2007年「スパイダーマン3」(最終興収73億円)
2008年「相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」(同44.4憶円)
2009年は???
週末ボックスオフィス第10位までの予想です。

  1. 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  2. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  3. GOEMON
  4. 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
  5. クローズ ZERO II
  6. クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国
  7. グラン・トリノ
  8. スラムドッグ$ミリオネア
  9. バーン・アフター・リーディング
  10. ビバリーヒルズ・チワワ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ