« 「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦」 興収100億円に向けて | トップページ | 「クローズ ZERO II」 第2位 »

ほぼ「レッドクリフ」と「クローズ ZERO」で

4月第2週国内週末興行成績(動員集計) です。

  1. レッドクリフ Part II -未来への最終決戦
  2. クローズ ZERO II
  3. ドロップ
  4. ヤッターマン
  5. 映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史
  6. 映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!
  7. 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿
  8. マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
  9. ワルキューレ
  10. トワイライト~初恋~

「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦」がトップ!「クローズ ZERO II」が第2位とお約束通り!?と言っても他の週末ならぶっちぎり第1位の出足...この2作品でトップ10興収の7割強を占めています。
日本ではトップ10圏外に早々に消えている「DRAGONBALL EVOLUTION」が全米ボックスオフィスで第8位スタート。やはり、厳しい。

« 「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦」 興収100億円に向けて | トップページ | 「クローズ ZERO II」 第2位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/44663405

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ「レッドクリフ」と「クローズ ZERO」で:

» 「クローズZERO II」校内土足厳禁、熱すぎる続編 [soramove]
「クローズZERO II」★★★☆ 小栗旬 、 高岡蒼甫 、桐谷健太 、山田孝之 主演 三池崇史 監督、2009年、133分 「鈴蘭と鳳仙の抗争、 理由はなんであれ、とにかく ほぼ全編ケンカシーン、 熱いエネルギーを感じたいなら 見て損はないが、 一般的な映画として、、 内容を求めてはいけない」 画面に登場する「高校生」が ほとんど高校生には決して見えない面々、 でもひとたび喧嘩シーンになると その理由なき暴力が 何故だか単純にスカッとする。 ... [続きを読む]

« 「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦」 興収100億円に向けて | トップページ | 「クローズ ZERO II」 第2位 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ