« 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 第1位! | トップページ | 「三国志」@日比谷/横浜/流山/浜北/名古屋/なんば/京都/西宮 »

「少年メリケンサック」 第3位

Sms_2上映スクリーン数: 280
オープニング土日興収: 2億円
宮崎あおい主演「ただ、君を愛してる」(最終興収8.1億円)対比171%。
■男女比 53:47
■年齢層 20代前半 27・9%
昨年は水谷豊と吉永小百合と仮面ライダーとプリキュアに支えられた東映。今年は宮崎あおいと綾瀬はるかと観月ありさにがんばってもらって、シニアと子供以外に集客を拡げたい!

« 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 第1位! | トップページ | 「三国志」@日比谷/横浜/流山/浜北/名古屋/なんば/京都/西宮 »

コメント

お久しぶりです。
宮崎あおいさんの映画は東映では
充分、ヒット扱いできる立ち上がりになったようですね。
それは良いのですが
「綾瀬はるか」と「観月ありさ」ですか・・・
どちらもちょっと不安かも
特に「観月ありさ」さんは
前作が確か「鳶がクルリと」で大穴を空けたハズ・・・。
まあ、過去のことですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/44095610

この記事へのトラックバック一覧です: 「少年メリケンサック」 第3位:

» 【少年メリケンサック】 [日々のつぶやき]
監督:宮藤官九郎 出演:宮崎あおい、佐藤浩市、田口トモロヲ、木村祐一、ユースケ・サンタマリア、勝地涼 「レコード会社新人発掘部に勤務する派遣社員のかんなは、契約が切れるその日動画で少年メリケンサックというパンクバンドを見つけた。気に入った社長にバン... [続きを読む]

» 少年メリケンサック [It's a Wonderful Life]
宮藤官九郎の初監督作「真夜中の弥次さん喜多さん」は 妙にツボにはまって、今でも大好きな映画なんですが意外や 劇場映画の監督は本作で2本目。 グループ魂でバンドも本格的にこなすクドカンが今回描くのは 中年パンクバンド!! 単純にオモロかったです。 ヴォーカルが田口トモロヲ(彼の若いときは銀杏BOYS の峯田和伸!が演じる)にベースが佐藤浩市ににキム兄がギター。 ドラムがグループ魂のドラム&俳優の三宅弘樹の バンドに篤姫・宮崎あおいがマネージャーの設定って メジャーなのか... [続きを読む]

» 少年メリケンサック■宮崎あおいの魅力です! [映画と出会う・世界が変わる]
パンクとは一体何が魅力でどこがいいのかさっぱり判らない私である。それにちょっと気取ったロック野郎は嫌いである。それはともかく、この映画は大いにに楽しめた。場内はかなり笑い声が出ており、最近になくなごやかな雰囲気であった。楽しめた最大の要因は宮崎あおいで...... [続きを読む]

» 少年メリケンサックを観た感想 (【注】ネタバレあり) [映画鑑賞 博物館 美術館 体験感想記など]
少年メリケンサックを見てきました。 良くも悪くもクドカンワールード炸裂です。 (画像は goo 映画より拝借) 「ヒゲについたゲロ」が出てきたり、「ギターとベースの喧嘩のせいで身障者になったボーカル」とか、「農薬飲んで自殺しようとして寝たきりになった父...... [続きを読む]

» 少年メリケンサック〜80sパンクス世代〜 [椿的濃縮タマシイ]
クドカン映画を映画館でちゃんと見るの、もしかして初めてかも、と思うワケです。[画像] ドラマとか、映画はレンタルで見ていたので。 ってなワケで 前宣伝もかなり多かった「少年メリケンサック」を、先日見てきました。 以下、ネタバレ入りレビューです。見るなら読むな・読むなら文句言うな、がオトナの合言葉ね、ベイビー。 おおまかなストーリーは、公式HPにもあるし、あちこちのレビューやインタビュー等でも見られますので割愛しますが、 まあとにかく、25年前に解散した、現在は40代・50代のおっさんバンド、しかも... [続きを読む]

» 少年メリケンサック [映画を見に行きましょう!! ]
         少年メリケンサックメイプル・レコード新人発掘部門のかんなは、会社退職予定のその日、動画サイトに投稿されたパンクバンド、少年メリケンサックに釘付けになる。イケメンギタリストがギンギンに弾きまくり、凶暴なパフォーマンスでファンを熱狂させて...... [続きを読む]

» 『少年メリケンサック』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「少年メリケンサック」□監督・脚本 宮藤官九郎 □キャスト 宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城、ユースケ・サンタマリア、勝地 涼、ピエール瀧、田辺誠一、哀川 翔■鑑賞日 2月14日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> あおいちゃん、オヤジ臭も何のその、思いっきりハジケてました〜 やっぱカワユイ〜 お馴染みのクドカン・ワールド炸裂。 今回はまた一クセも二クセもあるようなオッサンバンド。 もとい2... [続きを読む]

« 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 第1位! | トップページ | 「三国志」@日比谷/横浜/流山/浜北/名古屋/なんば/京都/西宮 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ