« 「ウォンテッド」 第1位(予定) | トップページ | 「ウォンテッド」 第1位(予定通り) »

「おくりびと」 第5位!!

Okuribito上映スクリーン数: 220
オープニング土日祝興収: 3.48億円
土日興収では「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」「大決戦!超ウルトラ8兄弟」と並んで2008年松竹邦画トップクラスの出足!モントリオール世界映画祭でのグランプリ受賞が効いた?
映画会社は『当初のターゲットだった50代以上に加え、30代にまで客層が広がっている。平日も落ちの少ない興行になりそうで、当初の目標興収20億円を“上方修正”して、30億円超えを狙うほどの大きな期待を寄せている。』そうです。
東宝以外の邦画がヒットすると、なんか嬉しいですね。

« 「ウォンテッド」 第1位(予定) | トップページ | 「ウォンテッド」 第1位(予定通り) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/42543371

この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」 第5位!!:

» おくりびと [映画を見に行きましょう!! ]
所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。...... [続きを読む]

» おくりびと [It's a Wonderful Life]
モントリオール映画祭グランプリだそうで、 おめでとうございます。 本作は伊丹十三監督の「お葬式」から久しぶりの 本格葬儀ムービーのような気がしますね。 いや知らないだけで他にもあるのかな? 伊丹監督の多くの作品がそうだったように かなりウンチク系映画だ...... [続きを読む]

» 映画レビュー「おくりびと」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
「おくりびと」オリジナルサウンドトラック◆プチレビュー◆納棺師になった青年の成長を通して生と死の意味を問う秀作。納棺の所作と山形の自然が美しい。 【75点】  失業したチェロ奏者の大悟は、ひょんなことから故郷の山形で納棺師という職につく。特異な職業にとまど...... [続きを読む]

» おくりびと [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 いってらっしゃい  また、逢いましょう 1ヶ月フリーパスポートで7本目 もっ最高っでした!!! とにかくすごい!素晴らしい!完璧です! ちょっと意外だったのは、この作品ってもっと地味で重い映画かと思っていたら・・・ いやいやいや、想像以上に爆笑シーンが多くて、すっごい笑えたことでした! 世の中には人が嫌がる仕事がある。 でも、そんな仕事ほど人間にはなくてはならない大事なものだった... [続きを読む]

» 『おくりびと』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 普段、遺体を棺に納める“納棺師”という言葉すら、耳にすることは少ない。 この映画は東京で楽団解散をきっかけにチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰って来た小林大悟(本木雅弘)がある求人広告を見つけ、何が因果か再就職... [続きを読む]

» 【2008-212】おくりびと [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。 [続きを読む]

» 「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」についての最新ブログのリンク集 [話題のキーワードでブログサーチ!]
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… [続きを読む]

» 「おくりびと」さよならをするために [soramove]
「おくりびと」★★★★☆オススメ 本木雅弘 、広末涼子 、山崎努 主演 滝田洋二郎 監督、2008年、130分 高校生のときにボランティアで 老人ホームへお手伝いをしに行っていて、 誰も尋ねてこないおばあさんが急に亡くなった時、 知らせを受けて駆けつけてき...... [続きを読む]

» おくりびと 2008-55 [観たよ〜ん〜]
「おくりびと」を観てきました〜♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。社長の佐々木(山崎努)に即採用された大悟、仕事内容を聞くと遺体を納棺する仕事だった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、納棺師におくってもらえるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ JUGEMテー... [続きを読む]

» 映画 [パソコン/ゲーム/デジカメ/オーディオ/携帯/カーナビ/テレビ/ビデオカメラ/買取専門店★スターファクトリー★スタッフエコ・ブログ]
最近ちょっと邦画に面白そうなのがありまして気になっていますo(〃^▽^〃)o おくりびと 葬儀屋?のお仕事を中心に書いたドラマみたいですけど、CMとかを見てると何処となく暖かい空気で若干の笑いもありそうで面白そうです 無くてはならないけれども誰も進んではな... [続きを読む]

» おくりびと [Men @ Work]
 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞で話題の「おくりびと」です。新宿ピカデリーのスクリーン3で観賞しました。  前々日はスクリーン1の大画面での観賞だったの... [続きを読む]

» 本木雅弘してやったりの主演映画は興収25億円 [ねぎ坊@ニュース]
本木雅弘(42)はおそらくガッツポーズしているだろう。先月、公開された主演映画「おくりびと」が大ヒットを記録しているのだ。 公開前にモントリオール世界映画祭グランプリを受賞したことで弾みがつき、興収ランキングでずっと上位をキープしている。「当初は50代前後の中高年がメーンでしたが、ここにきて30~40代がクチコミで増えている。地味な映画ながら興収は予想で25億円以上といわれ、今年の松竹の配給作品としてはトップになりそうです」(映画関係者) 本木は最近では宮沢りえと共演してい...... [続きを読む]

» 冠婚葬祭ビジネスへの視線/第27回 映画「おくりびと」を観てみた [月刊『記録』]
 第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞した「おくりびと」。納棺師が [続きを読む]

« 「ウォンテッド」 第1位(予定) | トップページ | 「ウォンテッド」 第1位(予定通り) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ