« 「ウォンテッド」 どちらにしても第1位! | トップページ | 「イキガミ」、TBS+東宝ですが... »

「次郎長三国志」 第9位

Jiro上映スクリーン数: 199
オープニング土日興収: 5074万円
「やじきた道中 てれすこ」(最終興収3億円)対比120%。
シニア向け時代劇って良く言えば堅い、悪く言えば拡がらない...角川シネマチェーンとしては最高の出足!でも200近いスクリーン数でこの数字は物足らないかも...

« 「ウォンテッド」 どちらにしても第1位! | トップページ | 「イキガミ」、TBS+東宝ですが... »

コメント

はじめまして。おもしろい内容で拝見させていただいています。
“映画業界のリサーチの仕事をしている”とは具体的にはどういったお仕事なのですか?どうやって収益をあげているのでしょうか?

チェーンマスターは一般人は知ることができないのでしょうか?

質問ばかりですみません。支障なければご教授ください。(もし気を悪くされたら申し訳ございません)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/42584212

この記事へのトラックバック一覧です: 「次郎長三国志」 第9位:

» 『次郎長三国志』 [『映画な日々』 cinema-days]
 マキノ雅彦監督第二作は  清水次郎長を題材にした股旅物    個人評価 ★★☆  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞) [続きを読む]

» 【2008-219】次郎長三国志 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 惚れて、恋して、闘った。 義理にゃ弱いが喧嘩にゃ強い、 東海道の暴れん坊、清水の”次郎長一家” 大馬鹿者でござんす。 [続きを読む]

» 次郎長三国志 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
正統派だが裏を返せば古臭い時代劇。主演の中井貴一をはじめ役者陣は実力派揃いなのだが。清水の次郎長と妻のお蝶、頼りになる子分たちが織り成す、笑いと涙の人情物語だ。ベタなセリフも含めて、中身は完全に年配の時代劇ファン向け。叔父・マキノ雅弘監督の代表作のリメイ....... [続きを読む]

« 「ウォンテッド」 どちらにしても第1位! | トップページ | 「イキガミ」、TBS+東宝ですが... »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ