« 「クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者」 第2位 | トップページ | 「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」 第6位 »

「ラフマニノフ ある愛の調べ」@渋谷/銀座

Lilacs上映劇場: Bunkamuraル・シネマ/銀座テアトルシネマ
オープニング土日動員/興収: 渋谷 1439人/204万円  銀座 1327人/180万円
初回から両劇場満席のスタート!客層は40~60代の女性が中心。ル・シネマでは「彼女を見ればわかること」(最終興収9000万円)を抜きギャガ作品歴代1位のオープニングを記録...って何でもいいから1位にしたいの?って気もしますが...

« 「クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者」 第2位 | トップページ | 「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」 第6位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/40975784

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラフマニノフ ある愛の調べ」@渋谷/銀座:

» 感想/ラフマニノフ ある愛の調べ [EDITOREAL]
サラっとしてたなぁ。『ラフマニノフ ある愛の調べ』4月19日公開。NYでの初コンサートが大盛況に終わったピアノ演奏家ラフマニノフ。しかし成功の影で彼は、新しい曲が作れない苦悩を抱えていた。そこに届いたのは差出人不明のライラックの花束。思い出の花に蘇る故郷と過去の記憶。20世紀を代表する音楽家ラフマニノフの生涯と、彼を支えた愛の物語。 映画『ラフマニノフ ある愛の調べ』公式ホームページ 時制シャフリング方式なので最初は戸惑いつつ、話はクルクルと展開していくんだけど、けっこうひとつひとつがあっさ... [続きを読む]

» ラフマニノフ ある愛の調べ [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
美しく優雅な音楽映画は、良くも悪くも淡白だ。天才音楽家ラフマニノフの波乱の生涯を、虚実を交え名曲と共に綴る物語である。天才にインスピレーションを与えた3人の女性との愛が主軸で、音楽的情熱は深く描かれないため、物語の印象は薄味。時系列もやや煩雑か。それでも....... [続きを読む]

« 「クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者」 第2位 | トップページ | 「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」 第6位 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ