« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

また、犬と猫が

3月第5週国内週末興行成績(動員集計) です。RANKING

 1.映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
 2.魔法にかけられて
 3.ライラの冒険 黄金の羅針盤
 4.犬と私の10の約束
 5.映画 クロサギ
 6.ジャンパー
 7.Sweet Rain 死神の精度
 8.ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜
 9.マイ・ブルーベリー・ナイツ
10.バンテージ・ポイント

8位と9位が入れ替わっただけで、新作はトップ10にはランクインせず...ちなみに犬と猫が前週を上回る動員。強い...

今年の目玉はウィル・スミス!

Hancoc_2先日行われましたソニー・ピクチャーズのラインナップ発表会。今年の目玉は夏公開予定ウィル・スミス主演「ハンコック」。昨年の「スパイダーマン3」(最終興収71億円)を上回る売上目標を設定。
「幸せのちから」(同27億円)、「アイ アム レジェンド」(同43億円)と日本でも興行力が高値安定しつつあるウィス・スミス。今年の夏は65歳のインディ・ジョーンズに負ける気がしない?RANKINGRANKING

北京オリンピックの年だから?

今週末全国拡大公開されるのは「カンフーくん」のみ。でもトップ10入りは微妙??RANKINGRANKING

昨日完成披露会見が開かれた「少林少女」を始め、2008年は北京オリンピックに併せて、カンフー復活の年?Kfk_3Ss_3Kfp_3Kfd_3  

「燃えよ!ピンポン」 第16位

Pingpong_2上映スクリーン数: 65
オープニング土日興収: 950万円(BOX OFFICE MOJO換算)RANKING
昨年の8月全米公開、累計興収3200万ドル。アメリカ製コメディは1億ドル超えてもなかなか日本では劇場公開されないのに、今回は、なぜ?

「Sweet Rain 死神の精度」 第7位

Sr上映スクリーン数: 268
オープニング土日興収: 8100万円
金城武「傷だらけの男たち」(最終興収1.5億円)対比342%。
「デスノート」(同28.5億円)、「デスノート the Last name」(同55億円)、「L change the WorLd」(同30億円目前・23日時点)と順調に来ていた日本テレビ+ワーナー作品。さすがに今回は低めの出足...RANKING
今年はこの後「スカイ・クロラ」「252 生存者あり」と続きます。

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 第8位

Mbn 上映スクリーン数: 245
オープニング土日興収: 8200万円
王家衛監督「2046」(最終興収7.8億円)対比56%。RANKING
「2046」以降日本で拡大公開されるようになった王家衛監督作品。でも、「恋する惑星」「天使の涙」のようにお洒落なアート系劇場でこじんまりと公開するの似合っている???

犬と猫が

3月第4週国内週末興行成績(動員集計) です。

 1.映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
 2.魔法にかけられて
 3.ライラの冒険 黄金の羅針盤
 4.犬と私の10の約束
 5.映画 クロサギ
 6.ジャンパー
 7.Sweet Rain 死神の精度
 8.マイ・ブルーベリー・ナイツ
 9.ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜
10.バンテージ・ポイント

新作は上位にはランクインせず...RANKINGRANKING
犬と猫が1ランクずつアップ!

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」も好調

Asama 映劇場: テアトル新宿 
オープニング土日動員/興収: 1399人/231万円
2日間全回満席のスタート!「劇場版『空の境界』」「リアル鬼ごっこ」に続き、テアトル新宿絶好調!!RANKINGRANKING

「花影」 2週目も好調

Hanakage3月8日からシネマート六本木で公開されました「花影」、1週目の動員/興収が2205人/308万円と同劇場今年一番の成績。RANKING
15日には主演のキム・レウォンによる舞台挨拶が3回行われ全て満席、それ以外の回もほぼ満席で土日2日間の成績は1178人/191万円。また15日から公開されましたシネマート心斎橋でも1日2回上映で土日400人/54.7万円を売り上げた、そうです。RANKING

3月第4週国内週末興行成績トップ5予想

春休みに入り、ファミリー作品が優勢?RANKING

 1.映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
 2.魔法にかけられて
 3.ライラの冒険 黄金の羅針盤
 4.犬と私の10の約束
 5.マイ・ブルーベリー・ナイツ

「魔法にかけられて」 第1位!?

Mahou上映スクリーン数: 533 
オープニング金土日+先行土日興収: 5.38円RANKINGRANKING
「レミーのおいしいレストラン」(最終興収39億円)オープニング土日+南海キャンディーズしずちゃんpresents「レミーのおいしいレストラン」Special 3DAYS先行上映対比107%。でもオープニング土日だけの比較だと2週目の「ドラえもん」とあまり変わらないかも...
スクリーン数は字幕217、日本語吹替316。興収比率は字幕43.6:日本語53.4。アニメーション以外の洋画で日本語版の比率が高いって珍しい?大人も子供も、ディズニーブランドに日本人は弱い?

「犬と私の10の約束」 第5位

Inu10上映スクリーン数: 291 
オープニング土日興収: 1.8億円
東宝配給「マリと子犬の物語」(最終興収33億円)対比63%、松竹配給「子ぎつねヘレン」(同18億円)対比106%。最終興収20億円前後は見えた?犬でもきつねでも、動物ものに日本人は弱い??(考え方が単純過ぎ?)RANKINGRANKING

「ノーカントリー」 エド・はるみ効果?

Ncn上映スクリーン数: 41 
オープニング土日興収: 4346万円
「不都合な真実」(最終興収4.3億円)対比152%。スクリーン平均100万円以上となる好スタート!
公開直前に最優秀助演男優賞を受賞したハビエル・バルデムが緊急来日。レッドカーペット・イベントではお笑い芸人のエド・はるみに「グッドルッキンGOO!」と迫らていましたね...日本で知名度の高くない俳優の来日会見の際、ワイドショーに取り上げてもらうため、○姉妹を始め芸能人が駆けつけますが...アカデミー賞最優秀賞受賞が売りの場合、ここまですべきだったのか疑問?RANKINGRANKING

実質的には「ドラえもん」?

3月第3週国内週末興行成績(動員集計) です。

 1.魔法にかけられて
 2.映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
 3.ライラの冒険 黄金の羅針盤
 4.映画 クロサギ
 5.犬と私の10の約束
 6.ジャンパー
 7.バンテージ・ポイント
 8.ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜
 9.L change the WorLd
10.超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!

「魔法にかけられて」が初登場第1位!と言っても、先週の「ジャンパー」同様先行上映分を含んでいるため、実質的には「ドラえもん」のV2?RANKINGRANKING
第11位は「ノーカントリー」。第80回アカデミー賞最優秀作品賞受賞後も結局41スクリーンとほとんど増やさずのスタート。もうちょっと拡げていたら余裕でトップ10入りできたのに??

「バンテージ・ポイント」 第5位

Vp上映スクリーン数: 276
オープニング土日興収: 1.5億円
全米では2月22日に公開され初登場第1位。3月9日までの累計興収が5100万ドル。日本での成績は若干低いとは言え、こんなもん?ボックスオフィスはファミリー映画だらけで、大人向けの洋画は有利なはずなんですが...RANKINGRANKING

「ダージリン急行」 第17位

Dj上映スクリーン数: 20
オープニング土日興収: 956万円
この週末からは1週遅れで関西地区を中心とした10スクリーンが追加に...って「リアル鬼ごっこ」と同じ戦略?でもトップ10入りは...無いかなあ?RANKING

まだまだ「ドラえもん」?

3週ぶりに先行上映のない週末の予想順。RANKING

 1.映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
 2.魔法にかけられて
 3.犬と私の10の約束
 4.ライラの冒険 黄金の羅針盤
 5.映画 クロサギ

「花影」 今年一番の盛況!

Hanakage上映劇場: シネマート六本木 他 
オープニング土日動員/興収: 1247人/188万円(六本木)RANKING
六本木は初日全回満席、今年一番の盛況なスタートになった、そうです。客層は30~50代の女性が9割。キム・レウォン人気、同日公開の「映画 クロサギ」とは重ならない年齢層の女性(?)で、こじんまりと熱い!RANKING

「ジャンパー」 実質的には第4位?

Jumper上映スクリーン数: 556
オープニング土日興収: 2.7億円
「ナイト ミュージアム」(最終興収35.7億円)対比63%。先行上映の勢いは半減?
今回は興収発表先行土日上映+オープニング金土日=5.46億円で、動員第2位でしたが...実質的には第4位?RANKING

「映画 クロサギ」 第4位

Kuro上映スクリーン数: 315
オープニング土日興収: 2.9億円
TBS連ドラの映画化「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(最終興収18億円)対比97%。
男女比11:89、年齢は13~19歳が63・9%...って「恋空」(同39億円)並みに女性比率高い!連ドラの映画化でこんなに若い女性に偏ってるのって珍しいような...山下智久人気が凄いと言うべきか、一般のドラマファンがそれほど集客できていないと言うべきか...RANKINGRANKING

「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」 第1位

Dora2008上映スクリーン数: 344
オープニング土日興収: 5.16億円
昨年の「のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~」(最終興収35.4億円)対比92%。年齢層は0歳~9歳までで48・6%、引率する親が必要なので動員は倍増!
これで新声優陣になって、3作連続最終興収30億円突破は確実?大山のぶ代さん、お元気なのでしょうか?RANKING

今週も、魔法にかけられて」の先行上映も

3月第2週国内週末興行成績(動員集計) です。

 1.映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
 2.ジャンパー
 3.ライラの冒険 黄金の羅針盤
 4.映画 クロサギ
 5.バンテージ・ポイント
 6.ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜
 7.L change the WorLd
 8.超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!
 9.明日への遺言
10.ガチ☆ボーイ

「バンテージ・ポイント」が健闘?
今週も、実質的には「魔法にかけられて」の先行上映も入っているのですが...RANKINGRANKING

「ガチ☆ボーイ」 第7位

Gachi上映スクリーン数: 284
オープニング土日興収: 6787万円
東宝+フジテレビ製作「チェケラッチョ!!」(最終興収10.6億円)対比55%。
+日本テレビが「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(同45.6億円)、「マリと子犬の物語」(同32億円)、「陰日向に咲く」(同見込20億円)、+TBSが「クローズ ZERO」(同25億円)、「恋空」(同39億円)、「チーム・バチスタの栄光」(同見込20億円)と絶好調なのに対し、+フジテレビは「スマイル 聖夜の奇跡」(同3.7億円)、「銀色のシーズン」(同見込11億円)、本作と低調。まあこの後「少林少女」「ザ・マジックアワー」で一気に挽回が見えている???RANKING

「ジャンパー」 実質的には第3位?

Jumper上映スクリーン数: 317
先行土日興収: 2億円
昨春の「ナイトミュージアム」(最終興収35.7億円)先行土日対比120%。単純計算では最終興収42億円くらいは見込める??RANKING
まあ、本番は本日金曜日からです。

「ライラ」より「ドラえもん」?

今週末も、新作ラッシュ!RANKINGRANKING予想は

 1.映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
 2.ジャンパー
 3.ライラの冒険 黄金の羅針盤
 4.映画 クロサギ
 5.L change the WorLd

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 第1位

Lyra 上映スクリーン数: 667
オープニング土日興収: 5.5億円
「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」(最終興収68.5億円)対比70%。やはり着地見込みは50億円前後?RANKING
年齢層は幅広く、字幕:日本語が53:47。この手の作品にしては日本語版の比率が低いような...春休みはお子様向け強力作品が多いから、下への拡がりは期待薄???

「明日への遺言」 第6位

Yuigon上映スクリーン数: 196
オープニング土日興収: 7768万円
小泉堯史監督「博士の愛した数式」(最終興収10.7億円)対比66%。シニア層中心の客層から平日の動員が期待される、そうです。RANKING

「超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!」 第4位

Keroro3上映スクリーン数: 163
オープニング土日興収: 1.1億円
「1」(累計興収6億円)対比103%、「2」(同4.8億円)対比117%。シリーズ最高のスタートになった、そうです。1スクリーン当たりの売上は「ワンピース」より上?RANKING

「ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」 第3位

Onepiece上映スクリーン数: 294
オープニング土日興収: 1.6億円
前作「ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」(最終興収9億円)対比98%。今回も10億円超えは厳しそう?
今年は正月作品にアニメ「劇場版ゲゲゲの鬼太郎」RANKINGを早々に決定した東映。「ワンピース」に替わる作品、真剣に模索し始めた???

実質的には「ジャンパー」も?

3月第1週国内週末興行成績(動員集計) です。

 1.ライラの冒険 黄金の羅針盤
 2.L change the WorLd
 3.ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜
 4.超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!
 5.チーム・バチスタの栄光
 6.明日への遺言
 7.ガチ☆ボーイ
 8.陰日向に咲く
 9.エリザベス:ゴールデン・エイジ
10.母べえ

「ガチ☆ボーイ」が予想を大きく下回るスタート...RANKING
今週も実質的には「ジャンパー」の先行上映が上位に入っています。

「いのちの食べかた」、歴代最高記録

Inochi2007年11月10日からシアター・イメージフォーラムで上映中の「いのちの食べかた」、公開14週目となる2月25日までに動員2万5000人/興収4000万円を突破、同館における動員/興収の歴代最高記録になった、そうです。中国製ギョーザ中毒事件等「食の安全」に対する関心の高まりが追い風に?
最近は都心のシネコンでもアート系作品の上映が盛んになり、作品争奪競争は激化しています。いかにこういう作品をブッキングできるか...至難のわざです!RANKINGRANKING

「いつか眠りにつく前に」 第11位

Evening上映スクリーン数: 102 
オープニング土日興収: 1660万円(BOX OFFICE MOJO換算)
「アカデミー賞に輝く女優陣が織り成す...」と言っても、今回のアカデミー賞には全く絡んでいません。結果もそれ相応?RANKING

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ