« トップ10圏外 「パンズ・ラビリンス」 | トップページ | チェ・ジウ 来日キャンペーン »

トップ10圏外 「サウスバウンド」

South上映スクリーン数: 170
オープニング土日祝興収: 4635万円
この夏に撮影していた本作、その前に撮影した森田芳光監督/豊川悦司「椿三十郎」よりも急いで先に公開されたのは何故?RANKINGRANKING
特に邦画に関しては、メイン館・新宿ガーデンシネマ+全国・シネプレックスを中心としたとしたシネコン、での劇場編成がすっかり定着してきた角川映画。更に来年公開予定の3作品に関してはシネカノンと番組提携を結ぶことで、今月有楽町イトシアにオープンしたシネカノン有楽町+渋谷アミューズCQNと都内での劇場を補強。従来のチェーンを相当前から押さえることなく、自社の都合の良い公開時期を決定することがより可能になりました。今回ってそれを証明するための緊急公開、ではないですよね?

« トップ10圏外 「パンズ・ラビリンス」 | トップページ | チェ・ジウ 来日キャンペーン »

コメント

TBさせていただきまいした。

好感のもてる作品でしたが、観客は少なかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/16764919

この記事へのトラックバック一覧です: トップ10圏外 「サウスバウンド」:

» 感想/サウスバウンド(試写、書籍) [EDITOREAL]
夏終わっても沖縄いーよねー。『サウスバウンド』10月6日公開。上原一郎は元過激派の無職オヤジ。役所にたてつくは、学校にのりこんでくるわ、小6の二郎には恥ずかしくてしかたない! それはそれとして、最近たかってくる中学生のカツもややこしい。え、お母さんが昔、刑務所に入ってた? うちは一体どうなってんだよ。しかも沖縄に移住ってなんだよそれ!? 映画「サウスバウンド」公式サイト 原作読了者的には、軽い笑いと森田監督的な現代風刺をちりばめ、そこそこ楽しかったかなーと思ったわけ。もちろん大幅に削られつつ... [続きを読む]

» 『サウスバウンド』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]         2007/10/06公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:]   【監督】森田芳光 【脚本】森田芳光 【原作】奥田英朗 『サウスバウンド』(角川書店刊) 【主題歌】中島美嘉 『永遠の詩』 【時間】114分 【出演】 豊川悦司/天海祐希/北川景子/田辺修斗/松本梨菜/松山ケンイチ/平田満/吉田日出子/加藤治子/村井美樹 <ストーリー> 「税金など払わん、学校へなんか無... [続きを読む]

» 【2007-140】サウスバウンド [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 東京→西表島 この一家、どこへ行っても何かある!! ナンセンスな奴らを蹴散らして、 上原一家の冒険が始まった! あの日、永遠に残る 父の姿を見た・・・ ... [続きを読む]

» サウスバウンド [空想俳人日記]
無関心 無感動こそ ナンセンス   まず、この映画、特に予告見た人なら、あんなぷくぷく元気な豊川悦司くん、見たくないわあ、あんな親父、なんてね。気持ち分かるなあ。でも観ちゃった私からすれば、そう思って敬遠するの、もったいない。まあ、騙されたと思って観てみる... [続きを読む]

» サウスバウンド 観てきました [よしなしごと]
 風邪が完全に治らず、辛いのですが、サウスバウンドを観てきました。 [続きを読む]

» 父親は元過激派 映画 「サウスバウンド」 [本読め 東雲(しののめ) 読書の日々]
映画 「サウスバウンド」 奥田英朗原作小説の映画化です。 奥田ファンですので原作は読んでいましたが、まさかこの作品が映画化されるとは正直思っておりませんでした。 ... [続きを読む]

« トップ10圏外 「パンズ・ラビリンス」 | トップページ | チェ・ジウ 来日キャンペーン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ