« 第3位 「アーサーとミニモイの不思議な国」 | トップページ | 限定公開 「サルバドールの朝」 »

トップ10圏外 「さらば、ベルリン」

Gg上映スクリーン数: 29
オープニング土日祝興収: 842万円
この作品東京は六本木のみの公開、というのはよくある話ですが、関東地区があと5スクリーンしか上映していないのに対して、静岡県以西で22スクリーンでの上映。特に福岡県は3スクリーンで上映していますが...ご当地映画?な訳無いですよね???RANKING
作品は「カサブランカ」のように渋いらしいです。

« 第3位 「アーサーとミニモイの不思議な国」 | トップページ | 限定公開 「サルバドールの朝」 »

コメント

この映画、SAWシリーズの様に
東宝系のシネコンがメインで上映しているんですよね
東宝のシネコンって単独営業では
実は関東より北にないので
このような展開になっているのだと思います

でも、なぜ
「福岡で3館上映なのか?」までは
判りませんけど・・・

へもへも6号さん
TOHOシネマズのHPで見ると確かに北海道/東北地方に劇場ないですね。しかしながら中部4/8、近畿4/6、中国2/2、四国1/1、九州4/5に対して関東5/15と極端に少ない。またTOHOシネマズ以外でも9スクリーンで上映されているものの北海道1、東北1、関東1、中部2、関西1、九州3なんですよね...「佐賀のがばいばあちゃん」みたいな偏りが...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/16604263

この記事へのトラックバック一覧です: トップ10圏外 「さらば、ベルリン」:

» 感想/さらば、ベルリン(試写) [APRIL FOOLS]
事前に予習すべし。『さらば、ベルリン』9月22日公開。第二次大戦終結前夜のベルリンに戻ったジャーナリストのジェイク。彼の運転手となった男・タリーは、戦後の混乱に乗じて私腹を肥やす悪人であり、ジェイクがかつてこの地で愛したレーナの恋人でもあった。しかしこの偶然は仕組まれたもの。レーナを追うジェイクだったが、彼女は重大な秘密を抱えていた…。 さらば、ベルリン 40年代映画の再現というあえてのモノクロ映像と、しびれるプロットによる緊張感で、見応えばっちりの重厚サスペンス。なんだがしかしちょっと説明... [続きを読む]

» さらば、ベルリン [悠雅的生活]
1945年、7月のベルリンで再会した、男と女 [続きを読む]

» さらば、ベルリン [It's a Wonderful Life]
なるべく映画を観る前はいろんな情報読まずに観に行こうと している方なんですけど、スティーブン・ソダーバーグ監督、 ジョージ・クルーニーとケイト・ブランシェットが主演 という事で観るの決めたので、どんな映画か知らなかったんです。 「さらば、ベルリン」...... [続きを読む]

» さらば、ベルリン★クルーニーとソダーバーグが40年代の再現に挑む! [銅版画制作の日々]
 The Good German 「オーシャンズ」シリーズのコンビーーソダーバーグとクルーニーが再びタッグを組んだ作品は、1945年のドイツ・ベルリンが舞台だ。 9月24日、東宝シネマ二条にて鑑賞。「オーシャンズ」とはまったく違った作風での新たな冒険を試みるこのコンビ、きらびやかさはまったくなく・・・・。クラッシックな趣きだ。モノクロの映像での「さらば、ベルリン」にちょっと期待を胸に行ったけど・・・・・。 しかし何か物足りなさを感じるのは何故だろうか?確かに昔の名画を意識して、... [続きを読む]

« 第3位 「アーサーとミニモイの不思議な国」 | トップページ | 限定公開 「サルバドールの朝」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ