« 「花より男子」 待望の映画化 | トップページ | 「長江哀歌」 これもシャンテ向き? »

「ベクシル」 「ピアノの森」に続いて?

Vex「ベクシル 2077 日本鎖国」、オープニング土日興収4200万円。曽利文彦プロデュース「APPLESEED アップルシード」(最終興収3.2億円)対比66%、松竹配給、丸の内プラゼール系統の前番組「ピアノの森」(同2.2億円・8月17日現在)対比118%。
これって原作小説/漫画/ゲームがある訳でもないようですね。ターゲットは曽利監督のファン?そうなってくると、プラゼール他全国180スクリーンで上映するには荷が重すぎたのでは...と思ったりして。RANKINGRANKING

« 「花より男子」 待望の映画化 | トップページ | 「長江哀歌」 これもシャンテ向き? »

コメント

曽利文彦は「APPLESEED アップルシード」の監督ではありません「APPLESEED アップルシード」の監督は荒牧伸志で曽利文彦はプロデューサーです。

ファイナルファンタジー、アップルシードの失敗を忘れたんでしょうか?日本でこういう映画がヒットする日はこない気がします。
日本では失敗したので、海外でヒットすることを祈ります。

りょうさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り「APPLESEED アップルシード」で曽利文彦はプロデューサーでしたね。記事の方訂正しました。監督作品の「ピンポン」だと比較になりにくいので、作品はそのままで。
これからも宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/16195838

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベクシル」 「ピアノの森」に続いて?:

» 感想/ベクシル -2077日本鎖国-(試写) [APRIL FOOLS]
アニメ以上ゲーム以下。『ベクシル -2077日本鎖国-』8月18日公開。2077年、日本はハイテクによる完全鎖国を確立して10年が経っていた。さらに不穏な動きを見せる日本に対し、アメリカの「SWORD」が日本潜入を図る。10年ぶりに明らかになる日本の姿は…!? ベクシル -2077日本鎖国- 評判のアニメ映画で、テクニカルな部分がどうすごいのかはわからんけど確かにカッコよろしいです。アングルに迫力あって、キャラの動きもスムーズで、このまま実写にして見せてほしい感じ。でもなー、RPGを嗜んでき... [続きを読む]

» ベクシル 2077日本鎖国・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
意外と言っては失礼ながら、かなりの拾い物である。 曽利文彦監督の前作「ピンポン」は、世評は高かったが、私には原作の忠実なコスプレにしか見えず、あまり面白いとは思えなかった。 今回の「ベクシル 2077日本鎖国」... [続きを読む]

» 映画:ベクシル 2077 日本鎖国 試写会 [駒吉の日記]
ベクシル 2077 日本鎖国 試写会(サイエンスホール) 「人としての誇りがある限り」 『日本ハイテク鎖国』、以前だったらありかもーとそんなに疑問には思わなかったのですが、今回はなぜかイロイロ考えてしまいました。まず現在の日本の教育で(見直したとしても)そこまで... [続きを読む]

» ベクシル 2077 日本鎖国 [お気楽に映画で極楽]
こーいうアニメは好きなので初日に観に行ってきました。アニメとは思えないクオリティの高さにはやはり驚かせられました!!メカの動きは迫力ありました!最初の屋敷での戦いには引き込まれて、これは期待以上か!?と思い... [続きを読む]

» 「ベクシル 2077 日本鎖国」試写会レビュー 人間のいない映画 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
人間の映画ではない、そうふっきれて観るとわりと良い映画だ。 [続きを読む]

» ベクシル 2077 日本鎖国 2007-45 [観たよ〜ん〜]
「ベクシル 2077 日本鎖国」を観てきました〜♪ 2067年、日本はバイオテクノロジーとロボット分野の世界市場を独占していた。国際連合は、両分野を核同様の規制する決議案を採択する。コレに対し日本は、情報面、物理面の両方を完全にシャットアウトする鎖国状態に突入する。10年後、アメリカはベクシル(声:黒木メイサ)を中心とする特殊部隊を日本に潜入させる・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、ロボット産業が世界を席巻するかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご... [続きを読む]

» 映画「ベクシル 2077 日本鎖国」 [わかりやすさとストーリー ]
●監督への道。ふたりのCG職人が歩む道でわかる「ベクシル」というソフトの成り立ちと歩む方向●だから曽利文彦氏は監督なのだ。国内の評価?「そんなの関係ねぇ(小島よしお)」とばかりに世界への道を歩いていってほしい。... [続きを読む]

« 「花より男子」 待望の映画化 | トップページ | 「長江哀歌」 これもシャンテ向き? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ