« 「街のあかり」 25年ぶりに記録更新 | トップページ | 松山ケンイチ Lに賭けろ! »

「傷だらけの男たち」浜崎あゆみ効果無し??

Kizu2006年香港ボックスオフィス第5位「傷だらけの男たち」、オープニング土日興収2370万円。アンドリュー・ラウ監督「デイジー」(最終興収5億円)対比27%、トニー・レオンXアンドリュー・ラウ監督「インファナル・アフェアIII 終極無間」(同2.5億円)対比54%。香港映画、日本では依然厳しいですね。
今回エイベックス・エンタテインメント配給と言うことで(?)主題歌「Secret」は、所属アーティスト浜崎あゆみのオリジナルソング!公式HPによれば「浜崎あゆみが本作の製作者側から熱烈なオファーを受けこのオリジナルソングを本作に提供」したのだとか。「ヨーロッパをはじめとする、世界各国で配給される際にもこの浜崎あゆみの主題歌が用いられる。昨今、日本用の主題歌が後から付けられて公開される洋画が多いが、今回のようなコラボレートが実現したのは、異例なこと。」確か3月に公開された「ステップ・アップ」の日本版主題歌、倖田來未だったような気が... RANKINGRANKING
本作は「インファナル・アフェア」同様、レオナルド・ディカプリオ主演でハリウッドリメイクが決定しているそうです。

« 「街のあかり」 25年ぶりに記録更新 | トップページ | 松山ケンイチ Lに賭けろ! »

コメント

以前 香港映画というより金城武見たさに作品を片っ端から観ました。過去をさかのぼるにつれ俳優への関心が薄れ 作品の陳腐さに閉口した記憶があります。 この作品はおすぎさんが絶賛していたのですが 彼がいいという作品は?が多いのでどうでしょうか(観る前にすいません)トニー&金城の以前の映画は私には??でした。
感性が違うのでしょうか…
香港映画の下火は今の韓流への警告になりますね。俳優というより作品の完成度でしょうか…似たような作品が続くとさすがに観客はそっぽを向きますよね。

いつもデータを挙げて頂いて面白いのですが てきさすさんの好みの作品って何なのか気になりますね。

 10年来の香港映画好きとしては、『インファナル・アフェア』以来、リメイク決定を前面に出したプロモーションに「やっぱりハリウッドの方が偉いのか…」とがっかりし(『ディパーテッド』もちゃんと観ましたがダメだったです)、同じスタッフの前作からの縁か、製作にaxexが入って日本語の主題歌がつくと知ってなおさらガッカリした次第です。
 確かに最近香港映画の製作本数も減少しているし、一般的にはまだまだ「香港映画=カンフーアクション」というステロタイプな図式も根強いですけど、決して終わったわけではないと思っていますから、日本配給時にはもっとプロモーション側に愛が欲しいと思う次第です。

naoさん、コメントありがとうございます。
香港映画は韓国映画と違って、自国内でも衰退しているようですから...香港映画ファンとしては残念ですが。
私の好みの作品はプロフィールをご覧下さい。
これからも宜しくお願い致します。

浜崎あゆみのSecretの作曲家の湯汲哲也は創価学会員でアランマックは香港創価学会員なので創価つながりでアランマックがSecretを選んだと思います。監督アランマック、主演チョウユンファ、音楽Tsang Hei Chiuの香港創価有名芸能人学会員で映画を撮れば面白いかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/15729722

この記事へのトラックバック一覧です: 「傷だらけの男たち」浜崎あゆみ効果無し??:

» 感想/傷だらけの男たち(試写) [APRIL FOOLS]
哀愁漂うヒューマンサスペンス『傷だらけの男たち』7月7日公開。恋人に自殺され、警察を辞めたポン。その上司であったボスの、義父が殺された。真相を探るポン。不審な行動を見せるボス。やがてポンは、悲しい過去にたどりつく。 映画『傷だらけの男たち』公式サイト 映像カッコよろしい香港サスペンス。おもしろげなニオイを振りまきつつも、なかなか話の全容がつかみづらく、中盤ややノりきれないのだな。チャンとかチャウとか似たような名前が混同しそうになるし。でも、ラストの集約のさせ方はしっかりしてて、さりげない布石... [続きを読む]

» 傷だらけの男たち /傷城 /Confession of Pain [我想一個人映画美的女人blog]
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 『インファナル・アフェア』三部作のスタッフによる話題作。 今年アカデミー賞作品賞を受賞した『ディパーテッド』に続き これまたハリウッドリメイクが既に決まってて、ディカプリオが主演するとか、、、、。(←それってどうなの?) 評判もいいみた... [続きを読む]

» 傷だらけの男たち [Addicted to the Movie and Reading!]
■ シネマ・ロサにて鑑賞 傷だらけの男たち/傷城 2006年/香港/111分 監督: アンドリュー・ラウ/アラン・マック 出演: トニー・レオン/金城武/スー・チー/シュー・ジンレイ 公式サイト 2003年のクリスマス。香港の刑事ポンは上司ラウ・チンヘイの元、凶悪な...... [続きを読む]

» 傷だらけの男たち 2007-37 [観たよ〜ん〜]
「傷だらけの男たち」を観てきました〜♪ ベテラン刑事ラウ(トニー・レオン)とその部下ポン(金城武)は、凶悪犯を追跡、逮捕に成功する。家に帰ったポンを待っていたのは最愛の恋人が自ら命を絶った姿だった・・・ポンは、恋人を失ったという事実から逃れるため警察を辞め、酒におぼれてしまう・・・一方、ラウは大富豪の娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚し、幸せな日々を過ごしていた。しかし、スクツァンの父親が殺されるという事件が起こり、父の死に疑問を持ったスクツァンは、ポンに捜査を依頼する・・・ 人気B... [続きを読む]

» 映画:傷だらけの男たち 試写会 [駒吉の日記]
傷だらけの男たち 試写会(新宿明治安田生命ホール) 「ウィスキーをおかわり」 開演10分くらい前に到着すると長蛇の列、開場が遅れたのかなと思っていたらなんと満席で立ち見になるとのこと。某O女性誌主催だったのですが、試写状の配りすぎだったのでしょうか?初めてで... [続きを読む]

» 浜崎あゆみ glitter PV [PVナビ]
浜崎あゆみの「glitter」無料PVを紹介 glitterは、ゼスプリ ゴールドキウイのCMソングに起用されてる キラキラ輝くように弾けるホットなナンバー。夏には、ピッタリのサマーチューンでしょう♪ ALBUM『Secret』に収録され、7月7日から公開される 映画「傷だらけの男たち」の主題歌になっています... [続きを読む]

» 傷だらけの男たち [It's a Wonderful Life]
この記事は3月3日にDVDで観てしまったとき にアップしたもの。 試写会でスクリーンで観させていただいたので再アップしました。 なんせ広東語&英語字幕でテレビサイズで観た感想だったので ちょっとだけ追記を・・・。ダメな映画の見方です・・・。 7月...... [続きを読む]

» 【劇場映画】 傷だらけの男たち [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事のヘイとポン。だが、ある事件をきっかけにポンの恋人が自殺、その時からポンの生活は一変、警察を辞職し私立探偵になり、酒びたりで自堕落な日々を送っていた。一方のヘイは億万長者チャウの娘スクツァンと結婚し、キャリアもプライベートも順風満帆だった。そんなある日、チャウが自宅で惨殺される事件が起きる。父の死に不審を抱いたスクツァンは、ポンに捜査を依頼するのだが…。(goo映画より) 心の機微というか、陰影を描くのはやはりアジア映画のほうがいいで... [続きを読む]

» 浜崎あゆみ fated PV [PV視聴ナビ]
浜崎あゆみ「fated 」無料PV動画の紹介です。 fated は、映画『怪談』の主題歌に起用され 切なさ漂うミディアム・ロック・バラードに仕上がってます 今回は、両A面の2曲それぞれにタイアップがついたみたいですね。 ... [続きを読む]

» 生田斗真 水嶋ヒロ 山本 裕典 岡田 将生 城田優 「花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜」 画像 動画 NG集  [生田斗真 水嶋ヒロ 山本 裕典 岡田 将生 「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」 画像 動画 NG集 ]
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜第6話予告  海の家での滞在を終えた芦屋瑞稀(堀北真希)は、中津秀一(生田斗真)ら生徒たちと寮へ戻って... [続きを読む]

» 浜崎あゆみ [毎日更新 女性アーティスト・データベース]
毎日更新 女性アーティスト・データベース [続きを読む]

« 「街のあかり」 25年ぶりに記録更新 | トップページ | 松山ケンイチ Lに賭けろ! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ