« 「ラストラブ」→「古畑任三郎」??? | トップページ | 「キサラギ」 こじんまりとヒット? »

「舞妓Haaaan!!!」 東宝的には物足りず???

Maiko「舞妓Haaaan!!!」オープニング土日興収2.3億円。宮藤官九郎脚本「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(最終興収18億円)対比76%、柴咲コウ「県庁の星」(同20.8億円)対比80%。RANKING
昨年は上半期に「THE 有頂天ホテル」(最終興収60.8億円)、「LIMIT OF LOVE 海猿」(同71億円)、「県庁の星」(同20.8億円)、「TRICK2」(同21億円)と最終興収20億円を超える実写作品が4本あった東宝。今年は「どろろ」(同見込34億円)、「アンフェア」(同28億円)と半減。邦高洋低の年は結局昨年だけだった?

« 「ラストラブ」→「古畑任三郎」??? | トップページ | 「キサラギ」 こじんまりとヒット? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/15492304

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞妓Haaaan!!!」 東宝的には物足りず???:

» 舞妓Haaaan!!! [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
バカバカしさ全開のコメディは、クドカンの脚本だけあり情報量過多で、コロコロと展開が変わるドタバタ騒動劇。無責任な情熱で勝負する熱狂的な舞妓ファンの青年に阿部サダヲ。美人の柴咲コウが、舞妓姿がまったく似合わないので驚いた。ノリはあくまで軽いが、図らずもお座....... [続きを読む]

» 映画vol.127 『舞妓Haaaan!!!』*試写会07-12 [Cold in Summer]
監督: 出演:阿部サダヲ 堤真一 柴崎コウ 山田孝之     公開:2007年 日本 公式HP 試写会第12弾は、『舞妓Haaaan!!! 』でした♪ 今回も「舞台挨拶ないかな!?」メールマガジンで応募。そして当選。惜しくも阿部サダヲさんご来場さ...... [続きを読む]

» 【2007-85】舞妓Haaaan!!!(まいこはーーーーん) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 男の究極の夢。それは・・・ 舞妓 と 野球拳 京都は日本の宝どす。 [続きを読む]

» 舞妓Haaaan!!! [It's a Wonderful Life]
面白かった!ひたすら笑ってました。 とにかくテンポ良くてバカと楽しさと笑い!そういう映画なんで 細かい事考えずに楽しんでしまいましょう。 すごくふっきれた娯楽映画。 宮藤官九郎作品の中で、阿部サダヲの役は常に ハイテンションな場合が多くて、 いつも...... [続きを読む]

» 『舞妓Haaaan!!!』@東宝試写室 [それでえいがな]
『舞妓Haaaan!!!』がもうすぐ公開されますね。 脚本家・宮藤官九郎の最新作... [続きを読む]

» 『舞妓Haaaan!!!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『舞妓Haaaan!!!』□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、吉行和子、小出早織、伊東四朗、生瀬勝久、北村一輝、真矢ミキ、植木等、■鑑賞日 6月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> この映画に起承転結を求めてはいけない(笑)が、アップテンポでハチャメチャで理由なく面白い、まさしくエンターテイメントな作品です 祇園や白河は京都に帰ったときに必ず通るが、実際に舞妓さんとお茶屋で... [続きを読む]

» 「舞妓Haaaan!!!」終始ハイテンション、見るのは覚悟が必要! [soramove]
「舞妓Haaaan!!!」★★★ 阿部サダヲ、柴咲コウ主演 水田伸生 監督、2007年(120分) 笑いの要素を過剰の一歩手前あたりで うまく抑えた良くできた映画だ。 舞妓さん大好きと公言する主人公の バカバカしい、くっだらない映画、 だから笑うつもりで...... [続きを読む]

» 「舞妓Haaaan!!!」 [Tokyo Sea Side]
とにかく面白かったです!割りと混んでいたコトもあり、場内では普通に爆笑している人が多数でした。 熱狂的な舞妓ファンを演じる阿部サダヲがハマり役です。あのテンションの高さはすごいです。堤真一も柴崎コウもとても良かった。生瀬勝久は個人的にかなりツボです☆小ネタも満載でとことんコメディなんだけど、後半ちょっと切ないシーンもあったりして、かなり満足の作品でした。 この面白さは文章では伝わりません。ぜひ映画館で思いっきり笑って下さい!... [続きを読む]

» 【劇場映画】 舞妓 Haaaan!!! [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 鬼塚公彦は東京の食品会社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都を訪れて以来、熱狂的な舞妓ファンだということ。そんな公彦に転機が訪れる。念願の京都支社に転勤が決まったのだ!死に物狂いで仕事して、最高峰の壁「一見さんお断り」を強引に乗り越え、やっとの思いでお茶屋デビュー!だがそこでお茶屋常連の野球選手・内藤と出会った公彦は、内藤に異常な競争心を燃やし…?!(goo映画より) 超ハイテンションな映画。 でも盛り込みすぎて、2時間が長く感じられました(... [続きを読む]

« 「ラストラブ」→「古畑任三郎」??? | トップページ | 「キサラギ」 こじんまりとヒット? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ