« 「ホテリアー」 六本木の方は順調! | トップページ | 「スパイダーマン3」 最終興収100億円? »

「バベル」 ピークは2ヶ月前?

Babel 第79回アカデミー賞最優秀作曲賞受賞「バベル」オープニング土日興収2.7億円。最優秀作品/監督/脚色/編集賞受賞「ディパーテッド」(最終興収見込16億円)対比94%、最優秀音響編集賞受賞「硫黄島からの手紙」(同51億円)対比55%。菊地凛子がナンシー梅木以来49年ぶりの優秀助演女優賞ノミネートと言うことで大いに話題になったのが2月下旬。あれから2ヶ月。さすがに待たせすぎ感は否めないような...RANKING
そもそもは 「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の渋い作品と思えば、これでも大ヒット!って関係者の方々の期待は膨らみすぎて、今更そんな風には考えられない??RANKING

« 「ホテリアー」 六本木の方は順調! | トップページ | 「スパイダーマン3」 最終興収100億円? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/14932856

この記事へのトラックバック一覧です: 「バベル」 ピークは2ヶ月前?:

» 映画『バベル』を試写室で鑑賞。 [masalaの辛口映画館]
 2月下旬GAGA試写室にて『バベル』を鑑賞した。時はアカデミー賞発表間近で菊池凛子がアカデミー助演女優賞にノミネートされた事により一躍有名になってしまった作品だ。映画会社からの指令で1時間前に試写室に来るようにとの事、とにかく大混雑で座席が用意出来な...... [続きを読む]

» バベル [It's a Wonderful Life]
「バベル」ってタイトルとポスターの図柄だけでは どんな映画なのかあまりイメージ出来なかったんですけど、 実際観てみると、なるほど、こういう映画なのか・・・ 確かにこれは簡単に説明しずらい映画かもしれません。 大きくはモロッコ、東京、メキシコの ほぼ...... [続きを読む]

» バベル(ブラッド・ピット)「手紙の中身は?」 [映画を10倍好きになる!]
先日記事に書きましたが、バベルを予約したんです。 で、今日見てきました。しかも、夫婦揃って! 子供が生まれてから5年半。 映画館での夫婦揃っての映画鑑賞は3本目。 私達にとっては貴重な時間なんです。 しかも、そんな貴重な映画鑑賞は失敗続き。 1本目は「皇帝ペ..... [続きを読む]

» バベル・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
人間たちが痛々しい。 神が創った人間が、天に近づくほど高いバベルの塔を作ろうとしたとき、神は怒り一つだった人間たちの言葉を別々のいくつもの言語に分け、互いに話しが出来なくした。 言葉を分かたれた人間たちは、散... [続きを読む]

» 『バベル』菊地凛子を見た [描きたいアレコレ・やや甘口]
メキシコ出身の鬼才アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ監督の『バベル』を観た。 菊地凛子の強い眼差しに、出会う。映画の中で、彼女は、一番、印象的だった。 映画館を出ると、よく晴れた日。 GWにこの映画を観ると... [続きを読む]

» 映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁 [システムエンジニアの晴耕雨読]
映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁 見終わった瞬間・・・むむむ、と思いました。 でも、しばらくすると、映画の一場面一場面思い出し、 その意味を考え直す、噛めば噛むほど味わいのある作品です。 モロッコ、アメリカ−メキシコ、そして東京を舞台に、 物語が同...... [続きを読む]

» 「バベル」 [SolPoniente]
「バベル」 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急...... [続きを読む]

» ★「バベル」 [ひらりん的映画ブログ]
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。 ... [続きを読む]

» 「バベル」 [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリチャードと... [続きを読む]

» 映画レビュー#51「バベル」 [Production Rif-Raf]
基本情報 「バベル(BABEL)」(2006、アメリカ) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(アモーレス・ペロス、21グラム) 脚本:ギジェルモ・アリアガ(アモーレス・ペロス、21グラム、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬) 製作:スティーヴ・ゴリン(エター..... [続きを読む]

» 「バベル」心の壁 [ノルウェー暮らし・イン・London]
「境界を形成するものは、言語、文化、人類、宗教ではなく、私たちの中にある」とは、本作の監督、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの言葉。 人は何故、互いを理解しあえないのか?なぜ争ってしまうのか? 言葉も性別も国籍も超えた、コミュニケーションはどうすれば生まれるのか? そうなのだ・・・・・壁を作っているのは、他ならぬ自分たちなのである。... [続きを読む]

« 「ホテリアー」 六本木の方は順調! | トップページ | 「スパイダーマン3」 最終興収100億円? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ