« TOHO、ヨン様に頼りすぎ? | トップページ | 「かもめ食堂」X50=「めがね」 »

日活「ヤッターマン」で勝負??

Yatta戦前は時代劇の名門映画会社、1950年代は文芸映画/若者向けの低予算のアクション映画、1970年代はロマンポルノ、1988年にはロッポニカ、ここ数年は外国映画の単館公開作品中心だった日活。昨今の邦画ブームに乗って(?)先日19年ぶりとなるラインナップ発表会を開催。中での目玉は70年代から80年代にかけて絶大な人気を博した竜の子プロダクションのアニメ「ヤッターマン」と「科学忍者隊ガッチャマン」の実写映画化。「ガッチャマン」に関してはまだ製作が決定した段階だそうですが、「ヤッターマン」は、三池崇史監督で2009年春公開予定、総製作費13億円、最低興収30億円を目指すと言うことです。RANKING
アメリカでは「スパイダーマン」「スーパーマン」等コミックの実写映画化の成功例多いものの日本では「キューティーハニー」(最終興収2.2億円)「デビルマン」(同5.2億円)と言った失敗例しか思い浮かびません...昨年は邦画年間トップ10のうち8本が東宝作品。2009年の結果には「ヤッターマン」で日活がランクインするのでしょうか?

« TOHO、ヨン様に頼りすぎ? | トップページ | 「かもめ食堂」X50=「めがね」 »

コメント

こんばんわ。通りすがりのものです。いつも楽しく読ませていただいております。
コミック実写映画は最近だと「Always」「海猿」「デスノ」などいっぱいヒット作はありますネ。
これからは「ゲゲゲの鬼太郎」「20世紀少年・・」もありますし、一概にコミック実写映画がダメだとは思わないですが・・。
個人的にも映画の作り手がどう実写として見せるかが気になるので、、、さて、ヤッターマンはどんなもんでしょうか?

comicさん、コメントありがとうございます。
確かに「Always」「海猿」「デスノート」もコミック原作でしたね。「キューテx-ハニー」「デビルマン」と言った70年代のヒーローものが失敗→「ヤッターマン」「ガッチャマン」も心配、と言った方が正確?でも「CASSHIERN」(最終興収15.3億円)と言う成功例も思い出しました...
これからも宜しくお願いします。

なるほど、同じタツノコプロ原作の「キャシャーン」ヒットにあやかろうって訳か。でもなあ…。「テッカマン」を本格スペオペ映画化して欲しいが知名度低過ぎか。

使徒メルヘンさん、コメントありがとうございます。
「テッカマン」と言うのは主題歌も含めて私の記憶にはありません...「ゼンダマン」「オタスケマン」「ムテキング」辺りはうっすらと覚えていますが。
これからも宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/14682799

この記事へのトラックバック一覧です: 日活「ヤッターマン」で勝負??:

» Nikkatsu coming back to hoga with "Yatterman" [Hoga News]
Nikkatsu used to be a major film studio for period dramas before WWII, then dwindled down to porn productions in 70's, and have been away from major films for some time recently. But with the recent hoga-boom, they seems to [続きを読む]

« TOHO、ヨン様に頼りすぎ? | トップページ | 「かもめ食堂」X50=「めがね」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ