« 「叫」 なぜか今頃 | トップページ | 「さくらん」→「しゃべれども」→「天然コケッコー」 »

「崖の上のポニョ」 宮崎親子の確執?

Ponyo宮崎駿監督の最新オリジナル作品「崖の上のポニョ」が東宝配給で2008年の夏に公開されることが発表されましたね。1997年「もののけ姫」(最終興収188.6億円)、2001年「千と千尋の神隠し」(同305.4億円)、2004年「ハウルの動く城」(同196億円)と桁違いのハイアベレージの同監督の新作。2008年の夏はこれだけで安心!RANKINGRANKING
本作について「人間になりたいと願う“金魚姫”・ポニョと5歳の少年・宗介の触れ合いを描いた宮崎版・人魚姫とも呼べる作品」「この少年のモデルとなったのが宮崎監督の長男・吾朗氏。宮崎監督は息子が父親の反対を押し切って「ゲド戦記」を作り始めたころから、幼少期の吾朗氏を自分がかまってあげられなかったのではないかと考えるようになり、そんな思いが自然に同作の主人公・宗介に重なっていった」とプロデューサーは説明。宮崎吾朗監督の新作が見れるのは、この作品で父親の気が済んでから?

« 「叫」 なぜか今頃 | トップページ | 「さくらん」→「しゃべれども」→「天然コケッコー」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130428/14487521

この記事へのトラックバック一覧です: 「崖の上のポニョ」 宮崎親子の確執?:

« 「叫」 なぜか今頃 | トップページ | 「さくらん」→「しゃべれども」→「天然コケッコー」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ