« 「ライアンを探せ!」ディズニーでも苦戦 | トップページ | 2006年はパイレーツ・イヤー! »

「あるいは裏切りという名の犬」大人の映画ファン向け宣伝?

Aruiha16日から銀座テアトルシネマで公開の始まりました「あるいは裏切りという名の犬」、オープニング土日動員/興収は1200名/170万円と2日間全回満席のスタートとなったそうです。「客層は中高年男性が中心で、シニア及び夫婦50割引を含む1000円の層が25%を占めており、ハードボイルド・ミステリー小説ファンなど大人の映画ファンをターゲットにした宣伝展開が功を奏した」と分析されていますが...RANKING
以前発表されたタイアップ展開は、「eiga.com内でWEB公式サイト開設」「HOLLYWOOD CHANNNEL内でモバイル公式サイト開設」「BIGLOBE シネマスクランブル 冒頭映像9分間配信」「カミュのコニャックXOエレガンスミニボトル初日プレゼント」等それほどシニア向けでない印象なのですが...整合性がない結果分析?

« 「ライアンを探せ!」ディズニーでも苦戦 | トップページ | 2006年はパイレーツ・イヤー! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ