« 2006年はパイレーツ・イヤー! | トップページ | 「シャーロットのおくりもの」実写も厳しい? »

「武士の一分」>「大奥」>「犬神家」

Ooku_1「大奥」オープニング興収2.4億円。仲間由紀恵「SHINOBI」(最終興収14.1億円)対比111%、昨年の東映の正月作品「男たちの大和」(同51億円)対比70%。
今年前半は「THE 有頂天ホテル」(同61億円)、「LIMIT OF LOVE 海猿」(同71億円)と絶好調だったフジテレビ映画、後半に入って「UDON」(同13.6億円)から一気に低空飛行に...RANKING
正月邦画対決の結果は「武士の一分」>「大奥」>「犬神家」と言うことになりそうですね。木村拓哉の底力+地道なキャンペーンが実を結んだ?

« 2006年はパイレーツ・イヤー! | トップページ | 「シャーロットのおくりもの」実写も厳しい? »

コメント

作品の出来と話題性の大きさを考えると

「武士の一分」<「大奥」になる気が
しますが。

すみません、まちがってTB2回飛ばしてしまいました。一つ消してください。

お正月邦画は、続編とリメークばかりだな、とちょっと心配していましたが、なんか残念な結果になりましたね。せっかく盛り上がった邦画業界が、もうしぼんでしまってはつまらないのですが・・

TBどうもです。
犬神はコケましたか。
まあ同じ監督、同じ脚本、同じ主役と、これなら昔のをdvdで観たほうが良いじゃんという気分になりますけどね。

>Michiさん
天下の東宝も正月だけはいつも強くないので、これって驚くような結果ではないのかも
しれませんね。

>ノラネコさん
先日テレビの稲垣吾郎主演の「悪魔が来りて笛を吹く」を見て今回の敗因は「同じ主役」だったのでは?と言う気がしました。

本年もよろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 2006年はパイレーツ・イヤー! | トップページ | 「シャーロットのおくりもの」実写も厳しい? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ