« 「ウィンター・ソング」華流の復活は遠い? | トップページ | 「さくらん」 単館拡大作品の方に »

「テキサス・チェーンソー」渋谷東急系で全国公開

Tex 「テキサス・チェーンソー ビギニング」オープニング興収2030万円。国内ボックスオフィス初登場11位。前作「テキサス・チェーンソー」(最終興収1.5億円)対比59.8%。RANKINGRANKING
「GOAL!2」の公開延期のピンチヒッターとして急遽公開されましたが、同日同映画会社配給の「ウィンター・ソング」より少ないスクリーン数で興収は上回りました。ホラー映画の方が香港映画より固定ファンが多い?と言っても低レベルでの争い。「ホステル」くらいスクリーン数絞れば「好調」と表現できた?

« 「ウィンター・ソング」華流の復活は遠い? | トップページ | 「さくらん」 単館拡大作品の方に »

コメント

テキサス・チェーンソービギニング
実在の殺人鬼エド・ゲインをモチーフにし、猟奇的な殺人一家を描いたトビー・フーパー監督によるホラー映画の金字塔、「悪魔のいけにえ」('74)をリメイクした「テキサス・チェーンソー」('03)の続編。前作から時をさかのぼり、いかにして凶悪な殺人
鬼“レザーフェイス”が誕生したかを描く“エピソード1”的な作品だ。前作をはるかに上回る驚愕のスプラッター・シーンが満載!
 1939年8月、食肉処理工場で一人の赤ん坊が生まれた。生まれながらに奇形児だった赤ん坊はすぐにゴミ容器の中に捨てられるが、ゴミを漁っていた女に拾われる。トーマス(レザーフェイス)と名付けられた赤ん坊は、女とその家族が暮らすヒューイット家で育てられる。やがて食肉処理工場で働き始めた彼は、工場が閉鎖された衝撃から工場長をハンマーで殴り殺してしまう。住む土地に異常な執着を持つヒューイット家は、捜索に来た地元の保安官までを殺害し、その後も次々と一家の惨劇が繰り広げられていく。一家に迷い込み身の毛もよだつ恐怖を味わう!恐怖度・サディスティック度・グロテスク度・心理的追求度・射体的暴力度・抹殺度・極悪度・衝撃的映像度・暗殺度は、最高峰実在の殺人鬼エド・ゲインをモチーフに猟奇的な殺人一家を描いたトビー・フーパー監督『悪魔のいけにえ』(74)。ドキュメンタリー風の映像が、追いかけて来るチェーンソーの音と共に恐怖を極限まで煽り、以降のホラー映画に多大な影響を与えた。
『悪魔のいけにえ』はホラー映画の金字塔として語り継がれ、人の皮をつなぎ合わせた面をかぶり、チェーンソーを振りかざす殺人鬼・レザーフェイスは史上最も残酷で恐ろしい殺人鬼として人々の記憶に刻まれている。早くも現代ホラー映画の最高峰との声も上がっている!
コレが世界で一番怖い映画だ、ホラー界の帝王とも言える恐怖の原点にして頂点の究極のホラー映画!最近の、ここ数年のホラー映画の流れの中で出てきたものとしては、やはり観るべき1本かなと思いますね!是非見てください!本作は前作の過去を描く衝撃的な続編あまりの衝撃的映像に注意=恐怖映像・サディスティック映像・グロテスク映像・心理的追求映像・射体的暴力映像・暗殺映像・抹殺映像・衝撃的映像等が含まれます。ホラー映画界代表作品ですので!くれぐれも覚悟をしてご覧下さい!!

すごい内容でしたね。
後半は正視できないシーンのオンパレード。
”ビギニング”故、前作よりソフトかなとも思っていたのですが、予想は見事にハズレ。
劇場は平日でもあり、ガラガラでしたが、この種の映画は根強い人気があるのでしよう。

この記事へのコメントは終了しました。

« 「ウィンター・ソング」華流の復活は遠い? | トップページ | 「さくらん」 単館拡大作品の方に »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ