« 「ただ、君を愛してる」が今ひとつの理由 | トップページ | 「木更津キャッツアイ」単館拡大で第1位 »

「虹の女神」東宝配給なのに...

Niji岩井俊二監督が本格的なプロデュース業に挑んだ切ない青春ストーリー「虹の女神 Rainbow Song」、オープニング興収3700万円。先週公開されました市原隼人「天使の卵」対比87%。東宝配給作品としては今年公開された中で最低記録を大幅に更新してしまいました。
出演者は市原隼人+月9ヒロイン上野樹里+「Dr.コトー診療所2006」「フラガール」とテレビも映画もヒット中の蒼井優だったのですが...東宝の力を持ってしても駄目な時もある?ここ数年は強い作品が東宝に集まっている為東宝が強いように見えるものの、肝心なのは作品の力?それとも単に製作がテレビ東京だったから???RANKING

« 「ただ、君を愛してる」が今ひとつの理由 | トップページ | 「木更津キャッツアイ」単館拡大で第1位 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ