« 卵が先か、梯子が先か? | トップページ | 「地下鉄に乗って」USENグループ最大級? »

TBS、映画→テレビは苦戦?

Matsuko_1 今年5月に劇場公開され13億円の興収をあげた「嫌われ松子の一生」。10月から始まりました連ドラの方は初回視聴率8.8%と低スタート。裏番組が強いとはいえかなりきつい結果になってしまいました。話の展開から考えて、思い切って昼ドラでやったら良かった?映画→テレビは成功例が多かっただけに、ここまで悪いと関係者の方々もショックでしょうね...RANKING
Kikanju_1 一方1981年に劇場公開され配収23億円をあげた「セーラー服と機関銃」。25年後の再ドラマ化は初回視聴率17.3%と好調なスタート。10~20代の長澤まさみファンと30~40代の「セーラー服と機関銃」世代の両方を掴めた?そうすると同様の戦略で両方掴めなかった(?)松浦亜弥主演「スケバン刑事」の失敗...まずはテレビドラマにすべきだったか?  

« 卵が先か、梯子が先か? | トップページ | 「地下鉄に乗って」USENグループ最大級? »

コメント

視聴率とは逆に
ドラマとしては、「嫌われ松子」の方が面白いと私は思いました。
「セーラー服と機関銃」では、長澤まさみの魅力が全然出ていないし、小泉今日子しかり。演出がまずいのだろう。

この記事へのコメントは終了しました。

« 卵が先か、梯子が先か? | トップページ | 「地下鉄に乗って」USENグループ最大級? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ