« 「永遠の法」隠れた(?)ヒットシリーズ | トップページ | 「ワールド・トレード・センター」何でこの部分? »

「アントブリー」に「ガーフィールド2」

Ab 先週末一部シネコンでひっそりと公開された2作品。それぞれトム・ハンクス製作/ヒット作の続編であるものの、アメリカでの興収が2800万ドル前後と振るわなかったせい?
G2 Box Office Mojoによるとアメリカでは2001年3本、02年2本、03年1本、04年5本、05年5本と推移してきたCGアニメ作品。06年は現在までで10本、更に年末に向け公開予定作品が3本と急激に増えています。RANKINGRANKING
日本ではこの夏「カーズ」「森のリトルギャング」が公開されましたが、国産のアニメも含め供給過多。正月も「ライアンを探せ!」「オープン・シーズン」が控えているため、成績の芳しくない作品は中途半端な時期にこじんまりと消化されていく?

« 「永遠の法」隠れた(?)ヒットシリーズ | トップページ | 「ワールド・トレード・センター」何でこの部分? »

コメント

トラックバックありがとうございました~
こんなにひっそりだとDVDスルーでもと思ってしまいましたが、そう言う訳にも行かなかったのかな~。

イクスピアリのディズニースペシャルもお忘れなく。
といってもこれで期待できるのは『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』3Dくらい?

 私のブログに遊びに来てくださって更にトラックバックしてくださって有難うございます。
 世界的大ヒットした、ポケモン映画「ミュウツーの逆襲」の批評などを未だに調査しています。
 最近、何となく大ヒットした原因が見えてきましたが全く確信得ていません。もし何か海外の特に米国の「ミュウツーの逆襲」についての批評か話がありましたら教えてください。
 

>横濱kabitan さん

批評はご覧のとおりです。
評判はいずれのシリーズもさんさんたるもので、1作目ということでポケモン熱でヒットしただけと考えるのが妥当と思われます。
http://www.rottentomatoes.com/m/pokemon_the_first_movie_mewtwo_strikes_back/

こちらが作品ごとの成績。
完全に信頼を無くし、ワーナーから見放され、ついには劇場公開されなくなりました
http://www.boxofficemojo.com/franchises/chart/?id=pokemon.htm

そもそも向こうでは、TVの直接的な続きで映画を作るというやり口が考えられないと聞きます。

 返事遅れてしまいすいませんでした。 
 たけのしさん、サイト教えてくださって有難うございます。 
 一度みにいって見ます

この記事へのコメントは終了しました。

« 「永遠の法」隠れた(?)ヒットシリーズ | トップページ | 「ワールド・トレード・センター」何でこの部分? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ