« 「アキハバラ@DEEP」「下北サンデーズ」に続いて | トップページ | 「40歳の童貞男」ようやく日本公開 »

「日本以外全部沈没」も「日本沈没」も

Igai 9月2日よりシネセゾン渋谷でレイトショー公開の始まった「日本以外全部沈没」、オープニング2日間の動員/興収は444人/72万円。初日、2日目とも満席/立見の大ヒットスタートとなったそうです。支配人によりますと「通常のレイトショーには見られない幅広い観客層を集めています。日曜日のレイトショーが満員札止めになるのは近年稀有なことです。」とのこと。3日目の月曜日も195名と満席に近い動員。RANKING
一方本家「日本沈没」、8月31日から韓国214スクリーンで公開、初日から日曜日までの4日間で47万人を動員、5週連続NO1「グエムル 漢江の怪物」を抜いて初登場1位になったそうです。日本映画が初登場第1位になるのは初めてだとか。香港でも「ケロロ軍曹」「デスノート」がヒットしているみたいですし、アジアでも邦画ブーム?

« 「アキハバラ@DEEP」「下北サンデーズ」に続いて | トップページ | 「40歳の童貞男」ようやく日本公開 »

コメント

韓国で大ヒットした日本映画というと、10年前の岩井俊二デビュー作「Love Letter」、最近ではその弟子の行定勲の「世界の中心で、愛をさけぶ」。
日本でも大ヒットした映画だし、どの国の人が見ても共鳴できる普遍性をもった、時代を超えた名画だと思います。

が、「日本沈没」となると?

日本人はあまり知らないようですが、アジア圏での日本映画・映画スターの人気は、このところ絶大です。
日本では考えられないようなものすごい熱気があって、「ああ昔はハリウッドスターが来来日すると、成田はこうだったよなあ」と懐かしむこの頃。

韓国でも次々日本映画が当たるといいですね。ホラーや純愛ばかりではなく。

韓国の人は、親韓派として有名な草彅剛主演と「日本が沈没する」を強調した宣伝を見て、反日感情を満足させる映画を期待して足を運んだとか。邦画ブームとは違うかも?

私も、スポーツ新聞の記事を鵜呑みにして「オープニング興収は日本映画で過去最高」とブログに書いたのですが、それを引用してくれたVariety系ブログによると、「ハウルの動く城」のほうが多かったようで、その点だけ訂正して記事が書かれています。「実写映画では」ということなんでしょう。

http://www.kaijushakedown.com/2006/09/sinking_of_japa.html

「日本以外全部沈没」、見たいですね~。海外サイトでも、本家以上に記事になる回数が多いように感じています。

ブログ楽しく拝見させていただきました。

私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを紹介しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加して頂けないでしょうか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
皆さんそこまでいかなくても月にいくらかのお金は稼いでいます。
お客様のサイトはとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

 ↓詳細は↓
http://e-af.net/?cosa

この記事へのコメントは終了しました。

« 「アキハバラ@DEEP」「下北サンデーズ」に続いて | トップページ | 「40歳の童貞男」ようやく日本公開 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ