« 「紙屋悦子の青春」3ヶ月公演? | トップページ | 「愛と死の間で」華流の復活は遠い? »

「パイレーツ」「ゲド戦記」競り合う

1周年記念と言う事で今週は懐かしの(?)2本立て興行で行きます!

先週末のボックスオフィスは上位2作品が競り合う珍しい展開に。「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」土日動員38万1000人/興収5億1600万円に対し「ゲド戦記」38万5600人/5億1560万円。動員をベースにした多くの国内チャートでは「ゲド戦記」V3でしたが、売上では「パイレーツ」が返り咲きのNO1!RANKING
累計興収は「パイレーツ」が23日間63.9億円、「ダ・ヴィンチ・コード」(最終興収見込90億円)の同時期対比102%。「ゲド戦記」16日間38.3億円。「パイレーツ」同時期の74.8%。このペースで行けば今年の夏は金「パイレーツ」92億円、銀「ゲド戦記」70億円までは確定?(銅賞は「M:i:III」か「日本沈没」?)

« 「紙屋悦子の青春」3ヶ月公演? | トップページ | 「愛と死の間で」華流の復活は遠い? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ