« 「時をかける少女」好評・好調 | トップページ | 「劇場版NARUTO」も »

「カブト/ボウケンジャー」9月公開の方が?

Bouken 先週末のボックスオフィスで、初登場作品中最上位の第4位にランクインしたのは「劇場版 仮面ライダーカブト/轟轟戦隊ボウケンジャー」。オープニング興収は1.66億円。昨年9月公開「響鬼/マジレンジャー」(最終興収11億円)対比59%、2003年8月公開「555/アバレンジャー」(同15億円)対比44%。RANKING
昨年、一昨年と「金色のガシュベル」があったため9月公開だったのが、今年夏休み中の8月公開に返り咲いたのですが、結果は残念賞。10億超えは厳しい?夏休みアニメ激戦区を避けて9月に公開すべきだったかもしれません。 
ところで「轟轟」って何?何て読むの??

« 「時をかける少女」好評・好調 | トップページ | 「劇場版NARUTO」も »

コメント

ゴーゴー戦隊です。

「ごうごうせんたい」と読みます。
この戦隊は宝探しとその保護・回収が活動目的で、宝物を強奪
して私利私欲のために活用しようとする悪漢たちと、それを
巡って攻防を繰り広げる、というのが基本ストーリーなのですが、
「轟轟=物音が轟き渡る様」という言葉がどこに当てはまるのか、と問われると・・・どこなんでしょう?w
TVシリーズでは戦闘時に、パワフルな乗用メカが群れを為して
馳せ参じるシーンが毎回あるので、そこを指しているのかも
知れませんが、それは今までの作品にもあったおなじみのシーンなので、ここで表題に持ってきても“何を今更”な感がありますw。
まぁぶっちゃけ、“GoGo!”に引っ掛けているのは間違いないと
思いますw 過去作に「救急戦隊ゴーゴーファイブ」という作品も
あったので、それに被らない措置でもあるかも知れません。

この「スーパー戦隊&仮面ライダー」劇場版の興行は連続6年目
になりますが東映的にはドル箱シリーズのようで、昨年の作品の
公開終了後にすぐさま公開を決定していたようです。
しかし興収は、前作を観た人の評価もさることながら、基になる
現在放送中のTVシリーズの人気にも左右されやすく、非常に
脆い基盤の上に成り立っている興行という感じがします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 「時をかける少女」好評・好調 | トップページ | 「劇場版NARUTO」も »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ