« 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」放送延期 | トップページ | 「幸せのポートレート」の次 »

ジダンへのメッセージ

Zidane 2006FIFAワールドカップで衝撃の退場劇を起こし、世界中に論争を巻き起こしたジネディーヌ・ジダンの姿を描いた「ジダン 神が愛した男」。先週末からシネカノン有楽町で公開が始まりオープニング3日間興収は408万円と好調なスタートをきったそうです。「決勝戦での頭突き事件が連日マスコミで報道されたことなどが追い風となった」とか。Toki RANKING
テアトル新宿で同日から公開された「時をかける少女」も3日間興収累計465万円と好スタート。200席前後の劇場・独占公開でオープニングが全回ほぼ満席→好調な出足になることは珍しくない事のような気がします。
シネカノン有楽町劇場内には公開終了後にジダン本人に届ける専用メッセージボードが設置されており、これまでの功績を称える意見や頭突き行為への賛同など様々なメッセージが寄せられている、そうです。伝えたい事がある方は劇場へどうぞ。

« 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」放送延期 | トップページ | 「幸せのポートレート」の次 »

コメント

ジダンの頭突きにびっくりしましたね。サッカー選手って試合中、相手選手の文句ばかり言ってそう・・・。怒った方が負けですね!

この記事へのコメントは終了しました。

« 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」放送延期 | トップページ | 「幸せのポートレート」の次 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ