« 「劇場版 おいでよ、どうぶつの森」 | トップページ | リュック・ベッソン、6年ぶりの結果 »

「陽気なギャングが地球を回す」が米国流なら第10位

Gang 興行通信社によると先週末国内ボックスオフィス第10位は「テニスの王子様」でした。、オープニング興収は3720万円。ちなみに11位「陽気なギャングが地球を回す」同4027万円、12位「V フオー・ヴェンデッタ」同4000万円。
Tennis 以前もあったのですが、日本のランキングってなぜか動員人数順なんですね。(アメリカは興収順。)それだと確かに「テニス」29628人、「ギャング」28438人、「V」28194人の順。でもビジネスとして考えると、「いくら儲かったか」の方が重要な気がするんですけど...RANKING

« 「劇場版 おいでよ、どうぶつの森」 | トップページ | リュック・ベッソン、6年ぶりの結果 »

コメント

はじめまして。
前売り券の収入も計上されているのでしょうか?

な~るほど、今回も同じパターンですね。僅差のときには、(入場料金が少ない)子供の多い映画のほうが勝つようになっている、ということですか。これは、子供向け映画のほうが、DVDがよく売れるので、そっちによりハクをつけたい・・ということじゃないかと勘ぐっちゃいますね。

ひしさん。
前売券は売られたときではなく、実際に着券した時点で売上となります。故に土日に着券している分は含まれています。

なるほど~。
ありがとうございます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 「劇場版 おいでよ、どうぶつの森」 | トップページ | リュック・ベッソン、6年ぶりの結果 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ