« チェ・ジウ、チャン・ドンゴン...春の韓流祭 | トップページ | 「アサルト13 要塞警察」仏流ブームの兆し? »

フランス製アクション「ナイト・オブ・ザ・スカイ」

sky 「TAXI」の監督が新たに仕掛けたフランス版「トップガン」、「ナイト・オブ・ザ・スカイ」。オープニング2日間の興収は5600万円。先週同じ映画会社からリリースされた「ジャーヘッド」と同程度の数字。上映館数の少なさ・フランス映画・出演者の知名度の低さ等を考えると健闘したと見るべき?
監督のインタビュー記事を読むと「フランスでは11月9日に535スクリーンで公開され堂々1位スタート、最終で130万人の観客動員だった。」そうです。「アメリ」や「コーラス」と言った歴代ヒット作品が800万人以上の動員だったことを考えると、本国でもそんなにヒットした訳ではない?それだと今回なぜこの作品が日本で拡大公開されたのか?これまたアメリカ映画作品不足を補うためでしょうか???

« チェ・ジウ、チャン・ドンゴン...春の韓流祭 | トップページ | 「アサルト13 要塞警察」仏流ブームの兆し? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ