« フランス製アクション「ナイト・オブ・ザ・スカイ」 | トップページ | ドンゴン&サンウ、急降下 »

「アサルト13 要塞警察」仏流ブームの兆し?

assault13 「ナイト・オブ・ザ・スカイ」と同日公開のアクション作品「アサルト13 要塞警察」。オープニング2日間の興収は2089万円。公開館数が「ナイト」の半分以下なので、1館あたりで考えると同程度のスタート。
こちらはイーサン・ホーク、ローレンス・フィッシュバーンと出演者の知名度が高いにもかかわらず不思議と予備知識がなかったので調べたところ、1年以上前の2005年1月に全米公開され初登場6位とトップ10に入っていました。ROGUE PICTURESと言うあまり聞いたことのない映画会社だったので更に調べると、製作はアメリカ/フランス、監督はフランス人。ヨーロッパで評価の高かったジョン・カーペンター監督の本格的デビュー作「要塞警察」のリメイクとのこと。第一印象「セガール作品風の胡散臭いアクション映画」が一転、ちょっと見たいかもと言った興味へと変わりました。
ただでさえ希少価値のフランス製アクション映画が2本同じ日に公開されるなんて...これは何か(仏流ブーム??)の兆しかもしれません。

« フランス製アクション「ナイト・オブ・ザ・スカイ」 | トップページ | ドンゴン&サンウ、急降下 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ