« 結果:「大和」が高いと言うより「コング」が期待以下。 | トップページ | 「キング・コング」日本では3位発進 »

「男たちの大和」大作路線成功?

otoko 「男たちの大和」土日2日間興収は3.4億円。角川つながりで「戦国自衛隊1549」(最終興収17億円)対比99%。東映のここ1~2年の最高興収作品「北の零年」(同27億円)対比135%。客層から見ると後者のほうが近いので最終40億円前後?前売りから見積もられていた100億円はさすがに無理ですが、低迷する同社としては嬉しい大健闘!
2006年は大作路線で勝負するという同社。本作に引き続き6月公開松平健主演「バルトの楽園」がその第2弾になるそうですが、これで弾みがついたのではないでしょうか?

« 結果:「大和」が高いと言うより「コング」が期待以下。 | トップページ | 「キング・コング」日本では3位発進 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ