« 「エルフ」ようやく日本で | トップページ | 「イントゥ・ザ・サン」・日本育ちのアメリカ人 »

「ハリー・ポッター」日本では緩やかに下降

先週末より公開の始まりました「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。オープニング2日間興収13.3億円。「アズカバンの囚人」(135億円)91%、「ハウルの動く城」(200億円)89%。アメリカではシリーズ最高のオープニングでしたが、日本では残念ながらシリーズ最下位のスタートとなりました。それでもシリーズ全作興収100億以上が見込める作品ってないですけどね。
アメリカの2週目の週末3日間成績は5490万ドル、前週対比46%減で累計2億ドルを突破。これまた落ちが激しいと見るか、健闘していると見るか?日米ともに12月16・17日にキング・コングが出てくるまでにごっそり稼がないとって感じでしょうか?

« 「エルフ」ようやく日本で | トップページ | 「イントゥ・ザ・サン」・日本育ちのアメリカ人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ