« 「電車男」に続く... | トップページ | 「ソウ2」全米NO1、日本では7位 »

「ハウルの動く城」21位

日本でも900スクリーン近い拡大公開から単館上映までいろいろな公開形態がありますが、米国バラエティ誌によるとアメリカでは最多時で800館止まりを限定公開と呼ぶそうで、日本とはスケールが違いますね。2004年9月から1年間の北米限定公開作品トップ10は

1「モーターサイクル・ダイアリーズ」1680万ドル
2「ショーン・オブ・ザ・デッド」1350万ドル
2「五線譜のラブレター」1350万ドル 
4「WHAT THE #$*! DO WE KNOW?!」1110万ドル
5「愛についてのキンゼイレポート」1030万ドル
6「ブロークン・フラワーズ」860万ドル
7「Being Julia」 770万ドル
8「Mad Hot Ballroom」 740万ドル
9「Woman Thou Art Loosed」 690万ドル
10「プライドと偏見」660万ドル
10「ミリオンズ」660万ドル

半分以上日本で劇場公開/ビデオ化済または劇場公開予定ですが、4,7,9は今だ公開未定。特に7は本年度アカデミー最優秀主演女優賞をヒラリー・スワンクと競ったアネット・ベニング主演作品なのですが...
ちなみに21位に「ハウルの動く城」(460万ドル)がランクインしています。

whatisbeing_julia_ver2woman_thou_art_loosedhowls_moving_castle_poster

« 「電車男」に続く... | トップページ | 「ソウ2」全米NO1、日本では7位 »

コメント

宮崎駿の息子さん、伍朗さんって誰ですか?スタジオジブリも血を大切にするところなのかなー

「Being Julia」2007年ル・シネマでロードショーだそうです、
ジュディ・デンチの「Mrs. Henderson Presents」も気になります。

JCRさん、コメントありがとうございます。
「Being Julia」もル・シネマで上映ですか!アメリカ公開からかなり時間経ちましたが未公開回避、アカデミー主演女優賞の効果があったのかなあ?
これからも宜しくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 「電車男」に続く... | トップページ | 「ソウ2」全米NO1、日本では7位 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ