« 「メゾン・ド・ヒミコ」に見る効率性 | トップページ | がんばれ!東映 »

「LOVERS」⇒「セブン・ソード」???

7 「HERO」(40億円)「LOVERS」(23億円)に続いて、ワーナー・ブラザース映画が送る中国エンターテイメント第3弾「セブン・ソード」。残念ながら今回はヒットにはなりませんでした。土日2日間の興収は「LOVERS」の8分の1、最終興収見積り2.5億円?前2作は監督が張藝謀だったのに対し、今回は徐克。中国武侠映画と言う以外に何のつながりもない本作に「第3弾」の役目を背負わせるのには初めから無理があったのかもしれません。同社で来春には陳凱歌の「PROMISE 無極」も待機していますが、再び「中国エンターテイメント第3弾」なんて宣伝文句は詐欺行為(?)ですから、念のため。

« 「メゾン・ド・ヒミコ」に見る効率性 | トップページ | がんばれ!東映 »

コメント

TBありがとうございました。おっしゃる通り、次の『無極(PROMISE)』をどう宣伝するか、配給会社は頭の痛いところでしょう。望みはオスカーの外国語作品賞に中国代表でエントリーしましたので、その結果にかかっているのかも。

突然、申し訳ありません。
以前、掲示板に書き込んでいただいた、映画サイト「パウゼ」のものです。どちらに書いていいかわからなかったので、とりあえず、こちらに書いてみました。日記の内容と被っていなくてすみません…。実は「ザ・コーポレーション」(アップリンク配給)という作品でブロガー試写会というのを実施します。ぜひ、ご応募いただきたいなと思いコメントさせていただきました。でも、平日はお仕事なんですよね…。ぜひ、ご友人の方でご興味ある方がいらっしゃいましたら、オススメくださいませ。きっと気に入っていただける作品だと思います。突然すみませんでした!お仕事&日記頑張ってください!
http://cine-pause.cocolog-nifty.com/pauseblog/2005/10/post_0df3.html

はじめまして。HEROは巨額の宣伝費を使ったと新聞で読んだ記憶があります。それに比べればセブン・ソードの宣伝は多少お粗末だった感もします。急遽公開、宣伝も大慌て、
こんな格好で公開する運びとなったいきさつを配給会社に聞きたいくらいです。PROMISE無極はすでに宣伝し始めてるようですし時間的余裕がありそうなので、第3弾なんて荒っぽい打ち方はしないと思いますが、売るためにはあの手、この手を配給さんは使いますね。つくづく痛感しました。

この記事へのコメントは終了しました。

« 「メゾン・ド・ヒミコ」に見る効率性 | トップページ | がんばれ!東映 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ