« ヨン様の秋 | トップページ | 容疑者>交渉人 »

ハリウッドの夏・2005

先日の国内篇に続きハリウッド篇のサマームービーを勝手に振り返ります。トップは日米同じで「エピソード3」(3億8000万ドル)、以下「宇宙戦争」(2億3200万ドル)「バットマン・ビギンズ」(2億400万ドル)「チャーリーとチョコレート工場」(2億ドル)とここまでが2億ドル超。想定の範囲内、ですかね?そんな中で勝ち組のトップは「Wedding Crashers」。最終的に2億ドル近くいきそうな感じ。とは言うもののオーウェン・ウィルソン+ヴィンス・ボーン+コメディーとなると日本での公開は難航しそうですね。ニューライン配給だし。負け組は「アイランド」(3500万ドル)と「ステルス」(3200万ドル)かな?共に1億ドル以上の制作費は最終的にも回収不可能?前者はプロデューサーが主演の2人に責任をなすりつけたり、こうなってくると泥沼です。「ステルス」もアカデミー賞受賞前のジェイミー・フォックス以外の主演2人の知名度は更に低いので、10月の日本での成績も「アイランド」(13)同様10億前後くらいでしょうか?

« ヨン様の秋 | トップページ | 容疑者>交渉人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog Ranking




BestWeb




フォト
無料ブログはココログ